安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2013年03月31日 日曜 12:17

被災地でのTwitter離れとご当地ボット

東日本大震災をきっかけにTwitterを始めた人が、たくさんいる。
東日本大震災ではインターネット、特にTwitterが大活躍した。
次の震災に向けて、自治体や企業もTwitterを始めている。
Twitter社も、国や都道府県に向けて……

でも、実際に被災地に行ってみると、ちょっと違う部分があります。

「今回の津波注意報では、Twitterは見なかった」
「次に避難した時も、見ないつもり」
「LINEのほうが便利だった」

なぜだか、わかる?


まず、最初の第1報。
「津波警報が出ました。避難してください」

そんなもの、RTしなくていいみたいです。

東京の人間と、沿岸部の人間では、子供の頃から積み重ねてきたものが違う。
今すぐに逃げるべきか?
彼ら・彼女らは、即座に判断している。

実際に聞いてみても、Twitterを見たのは「避難してから」。
避難するかどうかという判断には、使われていない。

それなら……
揺れなかった時。
遠隔地(海外)の地震で津波が来る時は、Twitterで知らせたほうがいい?

いや、それも必要ないと思います。

海外での地震なら、電気は止まってない。
防災無線の設備も壊れていない。

びっくりしちゃうぐらい、本当にものすごいサイレンが鳴って、防災無線が流れます。
あれで逃げない人は、逃げないと決めてる人。

「同じ失敗をくり返さないために」
「犠牲者ゼロを目指して」
……という気持ちは、わかるんだけど。

自分はここで終わりでいい。
ここで死にたい。
あなたは逃げてください。

いい年した、分別のつく大人がそう決断したなら、それは他人がどうこう言うことじゃない。

身近な人間が「逃げようよ!」と言っても、「いや、俺は逃げない」と言う。
そんな人が、Twitterの「逃げてください」で逃げると思いますか?

RT: 避難してください
RT: 避難してください
RT: 避難してください

だから、もう避難したんだってば。
Twitterは避難してから見るんだってば。

Twitterには、もっと他の役割があると思います。


被災地には行けないけど、ネットで(Twitterで)何かをしたい。
そう思うなら、まずは余計なツイートを控えて、サーバーに負荷をかけないこと。
そして、拡散する(RTする)のは一次情報だけにする。

マスコミ各社の独自取材には、RTする価値があるものもある。
だけど、「気象庁によると……」と言ってるなら、それは二次情報。
伝言ゲームになってしまう。

気象庁からの正式発表を確かめて、それをRTするだけでいい。
いちいち気象庁のサイトを確認するのが面倒なら、伝言ゲームに参加するぐらいなら、黙っていたほうがいい。

すべての人が、ただちにNHKを見られるわけじゃない。
だから、「NHK総合がこう伝えているよ」というツイートは助かる、とは言われますけどね。

沿岸部に住んでいてTwitterをするぐらいの人達は、緊急時の準備はしています。
私たちが一生懸命にRTしても、ただの迷惑です。


なぜ、迷惑か?

次にいつ充電できるか、わからないから。

津波に関する情報を見かけたら、とりあえずRTする。
受け取る側で適当に取捨選択してね。
……という発想そのものが、高速なネット回線があって、充電の心配がない人のもの。

避難訓練なら、始まる直前まで充電してるかもしれないけど。
朝からずっと使ってきて、電池マーク残り1つで津波警報。
そんな状況だって、あるわけです。

牡鹿半島、北上町十三浜、南三陸町、気仙沼……
被災地の地名を見かけたら、とりあえずRTする?

でも、次にいつ充電できるかわからない状況で、スマホの電池を消耗してでも知りたいのは、子ども達の避難状況です。
自分の町の何丁目のどこに行けば、水がもらえるのか?です。

ところが、Twitterを開くと、被災した各地の地名がずらっと並んでる。
いっぱいスクロールしていくと、たまに自分の町の名前が出てくる程度。
その間にも、バッテリー残量はどんどん減っていく。

しかも、URLをクリックしたら、Not Found

なんだよ!
こいつ、リンク先を確かめないでRTしてるのかよ!
(実話)

これでは、沿岸部でTwitter離れが進むのは当たり前。

試しに、電池マーク残り1つのスマホ1つ持って、その辺の公園でネットしてみてください。

都会みたいに4G LTEじゃない。
3G回線で、限られた場所に町の人がたくさん集まって、一斉にケータイでネットしている。
全然つながらない状況で、やっとつながったと思ったら、よその地域の情報ばっかり延々とRTされている。

自分にとって何よりも大切な情報が、大量の「避難してください!」に埋もれて、流れてしまっている。


その辺の欠点を理解した上で、それでも次の津波でTwitterの利点を生かすのは?
私なりにそう考えて作ったのが、ご当地ボットsです。

例えば、「志津川ボット」。
Twitterのアカウントを持ってない人でも、クリックすれば見られます。
お気に入りに入れておけば、いつでも見られます。

志津川ボット(Twitter)
https://twitter.com/szg_bot

ボットという名前の通り、自動的にツイートしてます。
牡鹿半島でも気仙沼でも釜石でも八戸でもない。
南三陸町の志津川(と戸倉)の情報だけが流れてます。

志津川の人。
家族が志津川にいる人。
震災をきっかけに志津川が大好きになった人。

そういう人が緊急時にTwitterで「最優先に」知りたいのは、牡鹿半島や気仙沼や岩手や青森のツイートじゃない。
志津川の情報でしょ?

それから……

被災から生活を再建している人たちのツイート。
震災をきっかけに行くようになった人、たまに行く人。
被災した自治体、県、国。

「復興」と言っても、立場によって考え方はそれぞれ。
目指しているゴールは、同じ「被災者」でも全然ちがう。

その辺の現実も、ご当地ボットから見えてくるはず。


で。
こういうご当地ボットを宮城県で10、岩手県で12、合計22も作ったんですけどね。
一斉に作ったせいなのか、スパム扱いで、アカウントを凍結されちゃいました。

その後、Twitter社からは「すべてのアカウント凍結を解除しました」というメールはいただいたんだけど。
まだまだ、解除されていないアカウントがたくさんあります。

さらにその後、こんなメールをいただきました。

「すべての凍結を解除して、この件は終了しています」
「何かございましたら……」

ポチッ

今まで、Twitterの便利さに目を奪われて、Twitter社というものに目を向けてこなかったけど。
こういう対応をする会社だったんですね。

問い合わせの文章をほとんど読まずに、見当違いな部分をコピペして適当に返信してくる、ヤフオクのユーザーサポートと変わらない。
Twitterも、もういいや。

……というわけで、すっかり熱が冷めてしまって。
それ以来、Twitterそのものを、ほとんど見なくなりました。

相変わらず、ボットによる自動ツイートは続いていて。
ボットのツイートに@で話しかけてる人もいて、なんだかなぁ、なんだけど。

いちいち、「それはボットですよ」と声をかけるのもめんどくさい感じ。


それでも、各ボットにはいろいろと仕込んでるつもりなんですけど。
幸いにして、このボットを作ってからは、まだ津波警報が出ていない。
津波注意報さえ出ていません。

あせらず、少しずつ……
ご当地ボットs(シリーズ)は、長い目で育てていこうと思っています。

★2013 3/31時点で凍結が解除されてるご当地ボット

牡鹿ボット
https://twitter.com/oshikabot


雄勝ボット
https://twitter.com/ogts_bot


志津川ボット
https://twitter.com/szg_bot


本吉ボット
https://twitter.com/mtys_bot


気仙沼ボット
https://twitter.com/ksnm_bot


山田町ボット
https://twitter.com/ymdcbot


久慈市ボット
https://twitter.com/kugcbot


洋野町ボット
https://twitter.com/hrnbot


これ以外のボットの今後は未定。
あなたが作る時は、聞かれれば何でも答えますよ。

(気に入らない人は、無断で気軽にブロックしてね)

LINEで送る Comment bottun
関連記事
スポンサーサイト

2013年03月31日 日曜 11:07

チケット代

牡鹿半島から八戸に到着した最終日、「このままでは終われない」に書いた、例の件。
岩手県洋野町の漁港では、auの3G回線では開くことができなかった、例のサイト。
東京に帰ってきて、じっくりと見てみました。

アート・オン・アイス・イン・ジャパン
http://www.artonice.jp/


チケット情報は、↓

チケット(アート・オン・アイス・イン・ジャパン)
http://www.artonice.jp/ticket.html

アリーナSS席 2万8千円
アリーナS席 2万4千円
スタンドSS席 1万5千円
スタンドS席 1万円
スタンドA席 8千円

2日間で4公演ってことは、4倍ですよ。
しかも撮影禁止らしい。

まぁ、実際には許可されても……
撮ってるヒマを惜しんで、目に焼きつけたいところですが。

あと……
漁港とか食べ物ばっかり撮ってる人間に、あんな激しい動きをするスポーツ選手をうまく撮れるとは思えないし。

テレビで見てるだけだと、わからなかったけど。
フィギュアスケートを実際に目の前で観ると、生身の人間の身体から、風を切る音がする。
ものすごく速い、迫力ある、激しいスポーツなんです。

もちろん、撮りなおしもきかない。

「撮るのに失敗したから、もう1回お願いします」

「お客による撮影はお断りしております」


撮影できないのは、まぁいいとして。
土日の2日間で、4公演。
11万2千円ですよ。

フィギュアスケートって、日本に限ってどうしてこんなに高いの?

(それでも買う人がいるから)

自由経済の基本は、需要と供給。
買う人がいなければ、値段は下がっていく。

逆に、値段を上げれば、買う人が減っていく。
買う人がいなくなって経営が成り立たなくなるギリギリのところまで、値段を上げるべき。
稼げる時に、しっかり稼いでおくべし。

そう考えれば、もっと値上げしてもおかしくない。


「今の段階で、ソチを目指すとは言えません」
「でも、あと1回は、みんなの前で滑ります」

でも、公式Facebookでは、こんな言葉もあったよ。
「みなさんの期待を裏切らない唯一の方法は、来季、公式戦に出場することですね」

休養したことで、ルール上は「実績なし」
秋から始まる国内のブロック大会で結果を出して、まずは12月の全日本の出場権を獲得すること。
そして、全日本で優勝すれば、日本代表として2月にソチへ。
……という、チャレンジをするはずなんだけど。

でも、「みんなの期待を裏切らないために」という、そんな理由なら、やらなくていい。
このまま引退して、大嫌いなマスコミと縁を切って普通に幸せになってほしい、とも思うし。

う~む……

観るなら、スケートリンクでナマで観たい。
フジテレビの「中継もどき」(に協賛してる各社のCM)は、絶対に見ない。

でも、完全生中継してくれて、アイドルや芸人が余計なことをしゃべったり、解説者を自称する人間が精神論を語ったり、絶叫したりしないなら、テレビでもいいかな……

(今どき、まだテレビに期待してるの?)

最後かもしれないし、最後じゃないかもしれないし。
どうしたもんですかね。


アート・オン・アイス・イン・ジャパン、チケットは……

ローソン
TEL 0570-084-003(Lコード:31111)

チケットぴあ
キョードー東京 TEL 0570-550-799

一番高い2万8千円の席から売り切れるらしい。
そこだけ見ると、日本人はまだまだ「お金持ち」みたいですね。

それなら……
なぜ、私たちは小林可夢偉を見殺しにしてしまったのか?

日本人のF1初優勝という夢まで、本当に、あともうちょっとだったのに。

国内のブロック大会から全日本の出場権を獲得。
全日本での一発勝負で優勝して日本代表、ソチ・オリンピックで金メダルを。

今年は、そんな夢を見て過ごすことにします。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月31日 日曜 10:13

書店員ミチルの身の上話

東京に帰ったら何よりも最初に!と思っていたことの1つ。
予約録画しておいた「書店員ミチルの身の上話」のラスト2回、続けて観ました。

長崎から東京に出てきて、東京からまた失踪。
その行き先は、京都でした。
…… 被災地じゃなかった

え?
そういう終わり方をするの?
……という意外感と。
軽い欲求不満も感じつつ。

2億円あるのに、殺人罪の刑期が終わるのを待つの?

私の座右の銘は、「女はすべて、カネが目当て」
そんな私にとっては、そこが一番の不思議でした。

……と。
こういう書き方なら、途中まで見てラストを(まだ)見てない人たちへの、ネタバレにはならないでしょ。


あと、対照的な2人の「友達」が描かれてました。

1人は、彼氏。

「僕は、こんなにミチルちゃんのことを思ってるんだよ!」
「僕の何が悪かったの?」
「一緒に長崎に帰ろうよ!」
……と、無理やり、本人を連れて帰ろうとする。

こういうタイプは、私もキライです。
恋人どうこうでなく、それ以前に友人関係もムリ。

友人がそういうタイプのヤツに困っていたとしても、そいつの話は聞きたくない。
聞かされるけど。笑

でも、迫真の名演技だったとは思います。

もう1人は、親友。

彼女もミチルちゃんを心配して、東京に出てきた。
でも、彼氏とはまったく別のアプローチ。

「私は帰るよ。ミチルは?」
「相変わらずガンコだね」
「困った時は、いつでも電話してね」


友人関係についても、被災地での活動に関しても、私は後者。
そして、長く付き合えるのも後者のタイプ。

前者のタイプは、かなり冷めて目で見て、距離を置いてしまいます。

正しいとか、間違ってるとか。
立場が違えば「正義」の答えも違う。
それは、アメリカとイラクの例を持ち出すまでもない。

自分が思うところの「正義」を振りかざす人。
自分の価値観が世界中、日本中で通用すると思ってる人。
自分を中心に地球が回ってると思ってる北極人間。

世の中、多いよね。

めんどくさいっす。

いつの日か、自分が長期入院した時にでも、じっくりと見直したいシリーズ。
ブルーレイに焼いて残すことにしました。

連続10回シリーズの後半、第5回からしか撮ってないけど。


NHKオンデマンドで配信されてます。
1回100円だった気がする。
でも私は、お金を払ってでも見よう、とは思いません。

NHKオンデマンドは見るだけ。
ダウンロードしてブルーレイに焼けないから。

(NHKのコピーガードはきつくて、解除できなかった)

でも……
この連続10回シリーズ全部をブルーレイで販売するなら、買うよ。
(DVDじゃイヤ)

録画保存できないなら、1回100円でも払わない。
だけど、全作まとめてブルーレイで販売してくれるなら、3万円でも買うよ。

(世界一「録画」が大好きな日本人)

NHKさん、販売してくれないかなぁ。

NHKオンデマンド
http://www.nhk-ondemand.jp/


書店員ミチルの身の上話(連続10回、NHKオンデマンド)
http://www.nhk-ondemand.jp/program/P201200102800000/index.html


「きらきらアフロ」も4回分、録画されてるんだけど。
ミチルちゃんの余韻のあとで見る雰囲気じゃないよなぁ……

きらきらアフロを先に見るべきだったかも。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月30日 土曜 18:58

Android端末 ギャラリーの900枚

3月11日に牡鹿半島をスタートして、青森県八戸市まで撮った写真の数々。
その一部、船越半島から田野畑村あたりまでの約900枚が、Android端末 Nexus7 の「ギャラリー」に入ってます。
iPad や iPhone で言うところの「カメラロール」です。

いちいち手で入れたんじゃないよ。
デジカメに入れてる無線LAN内蔵SDカードから、どんどん飛んできたんです。
いちいちやってられないから、勝手にどんどん転送するように設定しておいたんです。



Android端末 Nexus7 からの、3G回線での画像のアップロードえ送信エラーが頻発。
それで、 Nexus7 では画像を扱わないことにした。
「ギャラリー」に入ってる900枚の画像も、もう要らないんだけど。

これ、いちいち手で削除しないといけないの?

自動的に次々と無線で飛ばせるぐらいだから、ワンクリックかツークリックで一括削除できても、よさそうな気がするんだけど。

Android本体に、そういう機能はないの?
あるいは、そういうアプリ、出てないのかな……

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月30日 土曜 08:03

東京に帰ってきました

八戸からの帰り道、いくつかの選択肢を考えていたんですけどね。

八戸のいちご煮は、夏だと気がついて。
盛岡のいわて短角和牛のステーキはお店がなくなってて。

田沢湖で岩魚を味わって。
秋田で散髪して。
……と思ってたんだけど。

いつもの床屋さん、閉まってました。

八戸、盛岡、秋田。
空振り3つで三振。
すごすごと帰ってきました。


途中、山形県酒田市で新しい高速道路に乗ってみたら、料金所があるし。
(無料区間だと思い込んでいた)

途中でおりて、鶴岡から新潟までは海岸線沿いのカーブ区間。
そこは相変わらず、いつものコース。
楽しく走れたんだけどね。

「コースではなく、ルートと言え、とよく言われる)

でも、新潟西インターから関越道で帰ってきたら、本線をふさぐ形で、目の前に大きな料金所。
所沢インターでおりるつもりが寝過ごして?……終点の練馬まで来ちゃったし。

まぁ、なんだかんだ言って、それなりに18日間の疲れはたまってるみたいです。


前回、9月11日スタートの時は、週末ごとに東京に帰ってきました。
小林可夢偉の初優勝と来年(今となっては今年)の契約が気になってたから。
スカパーの「全セッション完全生中継」を見るために。

でも今回は、可夢偉は走らないし、フィギュアスケートも休養中だったからね。
18日間のぶっ通しにしてみたわけです。

ん~

どっちも一長一短。
どっちも疲れるわ。


今日は土曜日。
月曜の早朝、オセアニア時間まで、マーケットの時計は動かない。

今からたっぷり寝ます。
そして、今日と明日で、日経新聞もきちんと読まなくちゃ。

牡鹿半島(石巻市)から八戸まで撮ってきた、写真と動画も整理しなくちゃ。


……と、文字だけで終わるのもつまらないだろうから。

……というか、ブログとか日記の正しい楽しみ方は、文章は読まずに、写真を見るだけ。
写真の説明を読むだけ。

そういうお作法?、そういう流儀「も」あることは承知してるので。


まずは前回、半年前の画像。

青森県八戸市の蕪島着いた時のもの。



同じ場所から、同じカメラで、同じ時間(すぐ直後)に撮っても色が変わる。



シャッター速度を変えただけなんですけどね。

青バージョンと、赤バージョン。
あなたは、どっちが好きですか?

これもおそらく、表現したいこと、伝えたい内容によって使い分けるんだろうけど。
私の場合は、青く撮れちゃった、今度は赤く撮れちゃった、なんでだろう?です。


続いては、近頃よく聞く岩手県山田町。
半年前、秋の夕暮れの山田湾。


船越半島じゃなくて、大沢のほう。
重茂半島の部分というか、入口の部分です。


続いては、京都の鴨川。



橋の名前まで、わかる?



こちらは、三条大橋。

新撰組の近藤勇は切腹を許されず、東京の板橋というところ(現在の東京都板橋区)で、斬首刑になった。
その首は京都に運ばれ、見せしめとして晒された。

それが、この三条大橋のたもと。
……だったそうです。

三条大橋は、当時の東海道の終点。
新幹線も東海道本線もできる前は、京都駅や京都タワーではなく、三条大橋の周辺が「一等地」だったみたいだよ。


……と、iPadに残ってる画像を並べたところで、おやすみなさい。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月29日 金曜 22:25

昨日の青森県八戸市での画像

昨日、青森県八戸市に着いた時の画像。
デジカメのSDカードに保存されたまま、iPad飛ばしてませんでした。
それで、昨日の日記「このままでは終われない」に載せられませんでした。

なので、今から。


まずは、葦毛崎展望台。
左側のカフェレストランが「ホロンバイル」です。



お店の中で、ガラス越しに海を眺めるのもいいんだろうけど。

紙コップのコーヒーを片手に、展望台に登るほうが好き。



登ってみての景色は、載せません。
自分で行ってみてね。




続いては、ウミネコで有名な蕪島神社。
蕪嶋神社とも書くようです。
かぶしま

東日本大震災の翌月は、津波に流されてました。
その時の画像は、この日記の類似品「安藤二七美アーカイブズ」の、「蕪島 Apr 24, 2011」に載ってます。

◆安藤二七美アーカイブズ
蕪島 Apr 24, 2011
http://and273archives.blog.fc2.com/blog-entry-20.html



それが、今回はこうなってました。

まずは、入口にあった観光案内所。



トイレになってました。

そして、神社はこの通り。




あと、もし興味があるなら……

こんな所も通ったよ。



柳田国男って、どんな人だか、140文字で説明できる?
「清光館哀史」って、読んだことある?

今なら、iPadにダウンロードして、スタバで読めるのかな?


さらに、久しぶりにLINEバブルもじっくりと。
撮影が終わるのを待ちかまえていたかのようにスコアを逆転してきたので、あっさりと再逆転してあげました。



10%増の時に、自己ベストを更新。

30%増の時にこれだけのスコアが出れば、+27万点。
いよいよ、210万点超えが見えてきた!
o(^▽^)o

……と思ってがんばってみたら、30%増は1回しか出なかった。
192万点台。
自己ベストをほんのちょっと更新しただけで終わってしまった。



17日間コツコツと貯めてきたコインを3時間で全放出して、30%増は1回だけ。
1回しか遊べなかった。
……という虚しさを感じつつ。

でも、それもゲームのうち。

また1週間、コインを貯め直して、来週またチャレンジします。


こんな感じで、1つのエントリーに画像を8枚も載せて、大丈夫なのかな?

パソコンやiPadなら大丈夫だろうけど……
一部のスマホやガラケーでは、メモリー不足で開けないかも?

今のところ、そんな話は聞こえてこない。
このまま、テキト~にいきます。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月29日 金曜 20:29

秋田でリベンジ

一夜明けて、金曜日。
昨日の八戸でのいちご煮と、盛岡でのいわて短角和牛の、リベンジの時がやってきた。

まずは岩手県雫石町の道の駅「あねっこ」です。

岩手県雫石町道の駅
雫石あねっこ
http://www.anekko.co.jp/


ここは、お風呂もありました。



元湯 橋場温泉
500円、9~21時
http://www.anekko.co.jp/01onsen2.html


ホームページはあったけど、公衆無線LANは無かった。
そこが残念なところ。

でも、昔は2択しか無かった。
大曲まで走り続けて健康ランドで寝るか、盛岡でラブホテルに入るか。
それを思うと、お風呂に入れるだけでも、とてもありがたいです。


風呂あがりのロビーでは、大きなテレビでNHK総合。
甲子園をやってました。
同じく、風呂あがりの客が数人。

「高校野球はこの後11:54から、Eテレでお伝えします」

(よしよし、天気予報と正午のニュースだ)

プチッ

(えーっ! 高校野球なの? 正午のニュースぐらいは見ようよ!)
(東北勢の試合じゃないんだよ?)

とTwitterでつぶやいたら、教えられました。
勝手に「山梨」だと思っていたら、山形でした。

そりゃあ、見るわな。

さっさと退散することに。


で、いよいよリベンジの時がやってきた。

国道46号線で、岩手県から秋田県に入ったところ。
刺巻駅(さしまき)と神代駅(じんだい)の間。

国道46号線沿いの「味処 長四郎」森の駅店。
数年前からのお気に入りの店です。



塩焼き、姿揚げ、桜くんせい、甘露煮、味噌かやぎ。
岩魚(イワナ)の食べ方では、どれが好き?

まだ食べてないやつ。
今回は「岩魚の味噌かやぎ定食」にしてみたよ。



ただの野菜鍋に見える?

そうじゃないよ。
イワナを煮込んであるよ。



ほらね。

鮎(あゆ)
岩魚(いわな)
山女魚(やまめ)

今回は、イワナです。

鮎よりもほんのちょっとだけ大きいけど、骨まで完食♩
o(^▽^)o

そして、このお店の看板メニュー。
いわなのさくら燻製ラーメンです。



岩魚を桜のチップで燻製にして、そこからだしを引いたラーメン。
この香りがたまらん♩


東日本大震災をきっかけに、いろいろ言われてるじゃないですか。
漁業の後継者難、魚の消費低迷、若い人達への魚食文化の継承、等々。

6次産業化とか、ファーストフード化とか、いろいろと知恵をしぼってるみたいだけど。
骨を取り除いてやれば、食べるようになるんですかね?

牡鹿半島(石巻市)と山田町には、焼き干しラーメンを出す店があります。
大船渡には、秋刀魚ラーメンがあります。
ここ、田沢湖の近くには、イワナの桜くんせいラーメンがある。
秋田には、煮干しからだしを引いたラーメンも。

画像や文字を見ただけの人が言う「魚くさいんじゃないの?」
その予想を裏切るために、どんな工夫をしているか?
それぞれの店主が、どれほどの知恵をしぼって研究を重ねてきたか?

そういうところに、いろいろなヒントが隠れているように思います。

そのためには、まずは自分で行って、自分の五感で味わってみないと。

大人が心の底からおいしいと思って、夢中になって食べていれば……
子ども達は(骨があっても)自分も食べてみたいとか、居間はムリでも大人になったら食べられるようになりたいとか、思うはずなんだけどなぁ。


食後のテーブル上での、この大きさ。
現在地の把握。
ルート検索。
関連する情報の検索。

食後の作戦会議に関しては、GoogleのAndroid端末 Nexus7 が最適。
iPad信者も、そこは認めます。



ごはんと味噌汁。
パンと牛乳。
なっちとごっちん。

iPadとNexus7は、2択じゃない。
併用することで、1+1が3にも4にもなる。

本田宗一郎も言ってたじゃないですか。
「得手に帆あげて」

全部を自分でやろうとするな。
苦手なことは、得意な人に任せればいい、って。

iPadにも弱点はある。
アプリによっては、iOS版ではできないこと、Android版のほうが簡単にできること、もある。

Android端末 Nexus7
結局、手放さずに使い続けることになりそうです。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月28日 木曜 23:59

このままでは終われない

iPhoneの車載動画をパソコンに移すのを忘れていたり。
車内で財布が見つからなかったり。
なんだかんだで結局、出発は正午ぐらいになったけど。

3月11日(月曜)の牡鹿半島スタートから18日間。
3月28日(木曜)、無事に八戸まで撮影完了しました。

やっと終わった!という喜びと。
この18日間の膨大な写真の整理と、動画の編集に、お先まっ暗な気持ちと。

でも……
前に進むしかないよね。


途中、大きなニュースが入ってきました。
出演が決まったそうです。

世界最高のアイスショー
アート・オン・アイス・インジャパン
http://www.artonice.jp/


誰が?
……って、そんなヤボなことは聞かないでよ。

↑のTopicsの、「3月28日」のとこ。

「今の段階では、ソチを目指すとかは言えない。
でも、少なくともあと1回は、みんなの前で滑ります」
と、半年前の時点で言ってたからね。

2日間で4公演。
もしかしたら、これが最後になるのかも?
……と、急にチケットを探し始めてます。

もちろん、あきらめたわけじゃない。
全日本の出場権を獲得して、全日本での一発勝負で優勝すれば、日本代表。
ソチ・オリンピックに出場する可能性が、なくなったわけじゃない。

来週、4月からの新規開講。
NHK Eテレのロシア語講座で、勉強するよん。

……と。
このニュースを確認したりなんだりで、ある漁港で1時間ほどストップ。

auの3G回線、ちっともつながらなかった。

フィギュアスケートだから、笑い話で済んでるけど。
海岸にいる時の緊急地震速報とか津波警報、今までの3G回線のままで大丈夫なの?


途中、八木漁港ではTwitterとFacebookからクイズを出しました。

ここは、1次避難所です。
ぱっと見た感じ、海面からの高さは何メートルぐらい?

2013032824m

「300メートル先を左折ね」と言ってるのに、100メートルぐらいで曲がろうとする人、いるじゃないですか。
その高さバージョン。

答えは、24メートルでした。
もっと正確には、看板には「23.9m」と書いてありました。

大地震の直後、大津波警報の第1報は「6メートル」だった。
それが第2報で「10メートル」になって、第3報では「20メートル以上」になったけど、最初に聞いた「6メートル」が強く印象に残っていて、とか。
ケータイやスマホのバッテリー残量によっては、第3報や第4報まで受信できないかも、とか。
決められた地点での観測は20メートルでも、地形によっては40メートルを超えたところもある、とか。
ところで、今ここ、自分がいる場所は海抜どのぐらいなの?とか。

そんないろんな話を、きちんと聞いてますか?
いずれ必ず来ると言われている首都直下型や南海トラフに向けて、何かを学んでますか?


最後の角浜漁港(かどのはま)では、千人塚供養塔という石を見つけました。

京の人間は何回も何回も東北に侵略してきた。
そう、はっきりと書いてあるよ。

侵略されるたびに、東北の人間は戦った。
(だけど、あきらめて退散してくれればそれでOK、追いかけていって討ったりはしない)

大和朝廷に殺された1千人以上の祖先を祀った供養塔、だそうです。

私は、生まれも育ちも東京。
だけど、両親は福島県と秋田県。
そういう意味では、微妙な立場。
神様も仏様も信じない身ではありますが、ひざまづいて、軽く頭を下げてきました。

今の東北は(被災した)市町村の財源が乏しく、何をするにもいちいち、県や国に頭を下げている。
県や国は(復興よりも)そういう上下関係が続くことを望んでいる。

この状態、大和朝廷の侵略に抵抗して亡くなったご先祖たちには、どう見えてるんだろう?


岩手県の最北端、角浜漁港を出発したら、車載動画を撮りっぱなしにして、八戸まで。
具体的には、葦毛崎展望台まで。

ここのカフェレストラン「ホロンバイル」でコーヒーを買って、展望台で。
いやぁ、終わったんだなぁ♪と、ちょっと休憩。

そして、日没ぎりぎりを狙って、蕪嶋神社へ。

女は3人集まると別の生き物に化けるって言うけどさ。
ウミネコも、これだけいるとうるさいね。
1羽ずつ順番に鳴けばいいのに……

(ウミネコの話です)


ここで、大切なことに気がついた。

八戸に着いたら前回同様、いちご煮。
それだけを念仏のように唱えながら北に北に進んできたけど。

考えてみれば、新鮮なウニとアワビの潮汁ってことは、旬は夏。
夏から秋にかけて、じゃないですか?

(前回は9月11日スタート、秋だった)

3月下旬の青森県八戸市で、旬の味覚って何だろう?


その3時間後。
下道で、岩手県盛岡市に到着。

八戸にこだわらず、岩手県の味覚を♪
……となれば、やっぱり、あの店でしょう♪

いわて短角和牛のサーロインとヒレを食べられる店。

げげげっ!
なくなってる!

……で、結局、すき家でいつものメニュー。
とん汁納豆定食を大盛で、あと単品でキムチも。
そして、ごはんを大盛でおかわり。



いちご煮は、空振り。
いわて短角和牛のステーキも空振り。
2ストライクに追い込まれたところで、すき家でボテボテの内野安打って感じ。

このままでは終われない。
明日は、どうしよう?


ちなみに……
子供の頃に、野球マンガは読みましたか?

どんなのが好きだった?

私は、必殺技の魔球を使う野球マンガよりも、打者の心理を読んで直球とカーブとシュートで打ち取って行く「ドカベン」のほうが好きでした。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月28日 木曜 10:36

いよいよ最終日!

日記を3つも書いたのを見て、「たっぷり寝て元気になったみたいだね」と思った?

その通りです。

今日はいよいよ最終日。
Twilogを見ると……

2012年10月24日(Twilog)

岩手県洋野町は

・高家漁港 12:15
・種市漁港 15:25
・角浜漁港 16:02 ←最後

青森県八戸市では

・葦毛崎展望台 16:55
・蕪嶋神社 17:13

……となってます。

今はまだ11時前。
余裕のよっちゃんでしょ♩
(^-^)v

……とか余裕ぶっこいてると、何かトラブるのが毎度のお約束なんだけど。
そろそろ出発します。

画像は、昨日の小袖漁港。
(こそで、岩手県久慈市)

赤磯大明神。



どこを見てるの?

上だよ、上!


東京に帰ったらやりたいこと?

LINEバブルもだけど……
録画できてるはずの「書店員ミチルの身の上話」の最終回が気になってます。

でも、教えてくれなくていいからね。

LINEで送る Comment bottun
関連記事

2013年03月28日 木曜 10:19

復興さんと無料奉仕のボランティア

東日本大震災の1~2ヶ月後から、ゴールデンウイークの頃。
東北電力の下請けの皆さんは連日、文字通り夜明けから日没まで、土日も連休も関係なく、次々と電柱を立てていきました。

最近はあまり注目されないけど、それは今も変わりません。

例えば……



ここ、本当に漁港だったの?
……という、本当に何もかも流されてしまったところもあります。



まだまだ漁港を直す前の段階。
漁港におりていく道を直してる段階。
そういうところもあります。



まだ電気が来てないところもあります。



漁港は、漁船だけでは成り立たない。
クレーンからトイレその他、いろいろな設備が整いつつあるところもあります。



橋があって、その向こうにはトンネルもある。
どうやら、ここにあった駅は、高架だったらしい。

今はまだ、その地面の部分を工事している段階。
そんなところもありました。



公園のすべり台やベンチ、テニスコートまでできている公園もありました。


これらはすべて、天から落ちてくるわけじゃない。
マウスでクリックすればできあがる、というわけでもない。

あちこち、ちょろっと立ち寄って、さささっと登ったり、落ちそうになったりしながら、写真を撮る立場。
土日は工事が休み、人がいないだろうから……
と思ったら、あちこちで土日も工事をやっていました。


復興の工事は、地元の企業が受注して、地元の皆さんを雇っている。
彼らも被災者で、復興の工事は被災者の収入源。

だけど、それだけでは間に合わない。
よその地域(の人達)にお金が流れても、少しでも早く進めてほしい。
そう言う被災者もいます。

で。
全国から被災地に集まってきて、仕事として給料をもらいながら働いてる人達。
彼らを「復興さん」と呼ぶようです。

夜の仮設商店街。
定食屋さんに行くと、ハッキリわかります。

にぎやかに盛り上がっているのは、地元の人達。
地元ならではの食材を使った高価なメニューを楽しむのは、観光客。

復興さん達は数人で来て、ほとんど会話もしないで、ささっと食べて帰ります。

昼間は重機を使った肉体労働。
夜は仮設商店街で食べて、寝るだけ。
そういう生活を、ずっと続けているようです。


無料奉仕こそがボランティア。
被災地に行ってお金をもらうなんてトンデモナイ!
そういう人達の一部には、彼ら「復興さん」を低く見る傾向がある。

私は、そこに疑問を感じます。
それで、そういう言動をした人とは、どんどん積極的に距離を置くようにしてきました。

もちろん、私も、最初の頃は物資の活動をしてました。
「ボランティアで来てる人」という位置づけでした。

そして今では、被災地に行くだけで、何もしてない。
「ボランティアじゃないです。ごはんを食べに来ているだけです」と、堂々と宣言している。

そんな中途半端な私が、どうこう言える立場じゃないんですけどね。

でも……
東日本大震災から2年が経った現在。

無料奉仕のボランティアで資金が尽きて、泣く泣く帰っていった人達がいる。
自分は何もしないで、行政や政治の悪口を言ってるだけの人もいる。

その一方では、私がこれを書いてる今でも、あなたがこれを読んでる今も、見ず知らずだった被災地に住み込んで、黙々と働いてる人達がいる。
しかも、土日も関係なく働いている。

復興さんは、果たして本当に「下」なのか?
被災地に行って給料をもらって働くことは、果たして本当に「悪」なのか?
無料奉仕のボランティアは、そんなにエライのか?

彼らに対して、私たちはもっともっと、最大限の敬意をはらうべきじゃないですか?

LINEで送る Comment bottun
関連記事
日記TOP 次のページ
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。