安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2014年12月19日 金曜 22:22

FOMCとイエレン会見と黒田会見

水曜28時(木曜の早朝4時)の、FOMCの結果発表。
4時30分からの、Janet Yellen FRB議長の会見。
そして、金曜15時30分からの、黒田日銀総裁の会見。

今年最後の大きなイベント。
原油価格の急落から始まったロシア危機と重なって、なかなか盛り上がってます。


まずは、世界中が注目したFOMCから。





声明文から「considerable time」が消えるかどうかが注目されていた、今回のFOMC。
予想外の「be patient」というフレーズに、最初は「?」でした。

やがて、すぐにこういう情報が入ってきた。



これは2004年1月にも使われた表現。
この時は、2004年6月に利上げ。

……ということは、アメリカの利上げは2015年の5月か、6月頃か?

アメリカの景気は、だんだん良くなってきている。
だから、いずれは利上げするよ。
でも、今すぐじゃない。
忍耐強く時間をかけて、ゆっくりと、利上げしていくよ。
……と。

「とても素晴らしいかじ取り」と評価されてるのは、ご存知のとおり。


でも……
それだけじゃ、私の口座の残高は増えない。

アメリカの利上げは、いつか?

「少なくとも、今後2回のFOMCでは利上げを始めない」

その次の4月は、FOMC後にイエレンFRB議長の会見がない。
……ならば、2015年6月、または2015年9月かな?

……というわけで。
「2015年6月」が、これからのターゲットになっていくみたいです。

アメリカが利上げすれば、ドル高になる。
2008年のリーマンショック以降、世界中に大量に供給されてきたドルが、一斉に引き上げられて、アメリカに向かう。
……可能性がある。

それだけじゃないよ。

アメリカが利上げすれば、ドル高になる。
それはつまり、新興国や発展途上国のドル建て債務(借金)が、実質的に増えるということ。

アメリカの景気が良くなったからと、ポンポンと利上げしていけば、それらの国々は大変なことになる。
……可能性がある。

「世界の中央銀行」としての一面と、「私たちはアメリカの中央銀行ですから」という割り切り。
……というか、アメリカ国民への義務。

そんな話はあるけど……
利上げの時期がハッキリした時点で、ひと波乱ありそうだけど……

今の時点の日本の相場師としては、シンプルに「これから数ヶ月はドル高」だけでいいみたいです。


原油安から始まった、今回のロシア不安。

「最悪の場合で、立ち直るのい2年かかる」
という、プーチン大統領の発言は、とっくに知ってると思うけど。



このタイミングで、EUやアメリカから、ロシアへの制裁を強化する動きや発言が相次いでます。

果たして、ウクライナ情勢が終結するというサプライズは、あるのか?

でも……
欧米に屈するということは、プーチン大統領の政治家生命が終わるということ。
……だよね?

単なる相場師に、国際政治は難しすぎる。
……と思っていたら、さらなるサプライズ。

【速報】
オバマ大統領、キューバとの国交回復へ。

即座に、こんな解説が聞こえてきました。

「プーチンが大統領になった時にまっ先に強化したのが、北朝鮮とキューバとの関係だった」
「今回の動きは、プーチン大統領の貴重な外交カードの1枚を奪い取ったことを意味する」

今回、ロシア不安が起きたことで急遽、発表に踏み切ったの?
……とか。
もう、その辺までいくと、完全に相場師の範疇から外れます。

国際政治は難しすぎるのよ……


で。
今日の日経CNBCでは、その原油安についても。





近頃の原油価格の急落については、あちこちで報じられているとおり。
「急落した」
「大変だ」

んで……
「そのうち戻るだろう」
……という、いろいろな人の発言が伝えられています。

ところが、今夜の日経CNBCでは、別の見方も紹介してました。



「最近になって急落した」のではない。
「この数年間が高すぎた」のだ。

各国の金融緩和競争で余ったお金の一部が、実需(実際の需要)以上に原油を買っていた可能性がある。
そうだとすれば、アメリカがQE(量的緩和)を終えて、金利も引き上げるであろう今後、原油からも資金は引き上げられる。
もしかしたら、今でも実需は、イラク戦争や911テロの前と同レベルなのかもしれない。

当面、原油価格の目安は、リーマンショック直後の「1バレル31ドル」になるだろう。
……とのことでした。



でも……
プーチン大統領も、イエレンFRB議長も、黒田日銀総裁も、原油価格は「いずれ上がるだろう」って言ってるんだよね。

有名人が言ってるから、ではなく。
自分が支持してる人が言ってるから、でもなく。
あなた自身は、どう見ますか?


そんな中、日経CNBCでは「原油安と資源国通貨」についても特集していたよ。

資源国の通貨と聞いて、誰もが思い浮かべるのは AUD(豪ドル)



そして、CAD(加ドル)



オーストラリアから中国に、大量の資源が輸出されている。
オーストラリアの景気は、中国の景気次第。
……という一面もある。

そして……
カナダには、産油国としての一面がある。

ただし……
AUDがあっさり75日線を割り込んだのに対して、CADが75日線で反発している。
今回の原油安で大きく下げているのは、AUDのほう。
……という解説でした。

いずれにしても、資源国の通貨が大きく下がっている。
これは、「今は円安だからなぁ」と指をくわえて見ていた人には、買いチャンス。
……かもしれない。



それから、「世界の基軸通貨」とか「有事のドル買い」としての地位を確立している USD(米ドル)。
リスクオフといって、不安定要因が発生した時の「安全通貨」として買われる JPY(日本円)
……とは別の、永世中立国としての安全通貨が、 CHF(スイス・フラン)



特に、ユーロが売られる時に買われるみたいだけど。

これらの通貨もうまく組み合わせることで、リスク回避しましょう、と。
そんな話でした。


で。
話は、今夜のそういう特集の数時間前に戻ります。


by iPhone6+

夕方、起きたら急いでガストに移動。

ソーセージについてきたマスタードで、ポテトを楽しんだりしつつ。


by iPhone6+

大急ぎで日経新聞に目を通しつつ。
軽く食べたら、スタンバイ。



15時30分からの、黒田日銀総裁の会見の話です。

●消費増税の影響は和らいできている
●輸出も増えてきている
●日本経済はゆるやかな回復基調を続けており、雇用も賃金も着実に改善していく
●2015年のうちに、2年で2%の物価上昇という目標を達成するだろう
●この目標達成のためなら、日銀は何でもやる

まったくブレてなかったよ。


今回の会見で、この日記に書かなくちゃ!と思ったのは、次の3つ。

【Q】
日銀は物価上昇を目指していますが、実質賃金は下がっています。

【黒】
物価だけ上がって、賃金が上がらないという状況は、長続きしない。
物価が安定に上がっていけば、いろいろな要因の影響は受けるものの、やがて賃金も上がっていく。
賃金が上がれば、物価も上がっていく。

【テレビ東京 WBS】
物価が上がっていくと、貯金している人が損をして、投資をしている人が得をしませんか?

【黒】
物価と賃金が上がっていけば、預金金利も上がっていく。貯金している人が損をするわけじゃない。
ただ、日本人の貯蓄のスタイルは今後、変わっていくだろう。

【Q】
海外では「アベノミクスではなく、黒田ノミクスだ」と言われてます。
アベノミクスは遅いと思いませんか?

【黒】(にっこり笑って)
中央銀行の金融政策は機動的に動けるし、マーケットもすぐに反応する。
アベノミクスの第3の矢(成長戦略)はいっそうの前進が必要だが、まったく動いてないとは思わない。




大事なことだから、くり返すね。

株とか為替とかわからない人も、このセリフだけ丸暗記すれば大丈夫だよ。

「物価だけ上がって賃金が上がらないという状況は、長続きしない」
「物価が上がっていけば、やがて賃金も上がる」
「物価と賃金が上がれば、預金金利も上がる」
「……って、黒田さんが言ってたよ?」


簡単に整理しておくね。

●FOMC&イエレン会見で、ドルも株価も上昇
●アメリカの景気回復や利上げは「ドル高」要因

●しかし、原油価格の急落が収まったわけではない
●安さだけでなく、安くなっていくスピードの速さが問題

●ギリシャの大統領選が不発に終わって解散総選挙になれば、ユーロ離脱や借金の踏み倒しを主張している野党が勝つ可能性あり
→ (リスクオフで円高)
●中国の景気減速
→ (リスクオフで円高)
●ロシアはわからん
●キューバは、もっとわからん

●さらなる原油安によるデフレ懸念とか、ギリシャ不安や中国の景気減速による円高や株安とか。
それらの要因で「2%の物価上昇」が遠のけば、黒田日銀の追加緩和は「ありうる」
●10月31日の状況で追加緩和を決断したぐらいだから、「躊躇せずに」はハッタリではないだろう

(日銀の追加緩和は、円安要因)

●長期的には「ドル高」そして「円安」
●でも、短期的には「円高」や「スイスフラン高」もあるだろう
→ 円高に振れたら(ドル円が下がったら)喜んでドルを買う

●資源国通貨のさらなる買いチャンス(下落)は、原油価格とアメリカの利上げ次第


以上、この2日間をざっとまとめてみたけど……

どうだろう?
私が尊敬している人たちの、参考になってるといいんだけど。

あ。
まともに社会人しながら、株や為替で東北の被災地への旅費を稼いでる人たちのことです。
無職の相場師よりもはるかにキツい環境と、限られた情報で、きちんと利益を出し続けている人たちのことです。

これからの復興支援は、金品の無料支援ではなく、観光客として現地に行ってお金を使うこと。

きっと、今回のロシア不安での急落で稼いで、FOMC後の急反発でも稼いだはず。
今度こそ、日曜の夜は格安の夜行バスではなく、最終の「はやぶさ」(のグリーン車)で帰ってきてくれるはず。

(どんなに稼いでも、節約のために夜行バスで帰ってきて、月曜の朝その足で出勤する人たち)

その辺について書き出すと、さらに長くなってしまうので、今回は省略。

できるだけ、わかりやすい言葉を選んでるつもりだけど……
わからない言葉はいつでも遠慮しないで、気軽に自分でググってみてね。

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<ちょっと安心できるF1英語 | ホーム | ひかりTVで困ったら消費者センターへ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1386-137c9eaa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。