安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2015年03月22日 日曜 23:59

最終12日目の夜は炙り亭とごっつりラーメン

昼間の「最速12日目で八戸に到着」の続き。

カメラのレンズを交換しながら蕪嶋神社(青森県八戸市)を撮ったら、八戸駅に移動。
また今回も、駅前ロータリーの駐車場に停めた。


by iPhone6+

向かった先は、もちろん炙り亭。
(あぶりてい、青森県八戸市)

R0051278日記-2
by RICOH GXR A12 50mm
F2.5 1/30sec ISO100

↑は、今回 2015年3月22日の私。
ISO感度は100のまま上げず、絞りは開放 F2.5で。

↓は、前回 2014年9月23日の私。
絞り値 F8にこだわって、ISO感度を上げて撮影。

R0048684日記
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/60sec ISO2263
(2014年9月23日 火曜)

明るいレンズ(F値が小さいレンズ)を使うようになった直後は、何でもかんでも開放で撮る。
いわゆる「開放バカ」と言われる時期があって。
その後、被写界深度(ピントが合う範囲)を気にして、やたらと絞り込む時期があって。

今は、さらにその先。

●再び、絞りを開いて撮るようになった
●今まで広角レンズで撮っていた状況でも 50mmレンズを使うようになった

……と、自分で感じてるんだけど。

客観的な他人の目には、どう見えてるんだろう?
Photoshopの使い方も含めて、成長を感じますか?


ちなみに……
↑の2枚がまったく同じ場所からなのは、偶然じゃないです。

ここに、木が生えてるんです。
手ブレしないようにカメラを置けるんです。

(行けばわかる)

しっかし……
本当にまったく同じ角度から撮ってますな。


お店に入った瞬間に、なんとなんと、私を覚えててくださいました。

なんでだろ?
そんなに珍しい顔をしてますか?
……と、相変わらず、その辺は疑問に思いつつ。

13日目の夜は炙亭とごっつりラーメン
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html

(2014年9月23日 火曜)

八戸では炙亭からスタバへ
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-763.html

(2013年9月25日 水曜)

日没後の蕪嶋神社を撮ってから八戸駅に来ると、ちょうどいい時間帯。
日曜の夜の、東京行きの最終の新幹線が出た直後の、ゆっくり過ごせる時間帯なのでした。

R0051279日記
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/25sec ISO3200

まん中は、山イモ。
梅とシソで、ほんのりと味をつけてあります。

R0051285日記-2
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/15sec ISO3200

八戸といえば、イカ。
そして油サバ。
しかも、これは自家製のシメサバ。

これ、これ!
この味。
シメサバの、この甘さですよ♩

(砂糖の甘さではない)


料理屋さんや寿司屋さんが、メニューにいちいち「自家製」と書く。
そのこと自体は、嘆かわしい風潮だと思う。

手間(コスト)をかけて店で下ごしらえをしても、評価されない。
下ごしらえしてあるものを仕入れてきて、そのまま安い値段で出したほうが喜ばれる。
……という時代。

あるいは……
新幹線の駅前だから、出張のサラリーマンや観光客が多いはず。
新鮮な魚介類を出せば、それだけで「わぁ!すごく新鮮ですね!」と、喜ばれる。

(評価されるのは、食材の鮮度だけ)

実際、全国どこに行っても、同じパターン。
駅とか空港は、そういうお店のほうが多いじゃないですか。

ちょっとした隠し包丁の入れ方とか、下味のつけ方とか。
長い下積みで身につけた職人さんの経験や、ひと手間の仕事が評価されない。
そういう部分にお金を払わない時代だから、仕方ないんだけど。

でも、ここはそうじゃない。
手間をかけた「自家製」のメニューがたくさん用意されている。
帰りがけに八戸の味覚を楽しみたいというお客さんのために。

これは、本当にありがたいことだと思います。
こういうお店は、大好き。
こういうお店は大切にしなくちゃ!と思います。


……という、感謝の気持ちを込めて、そのおいしさを伝える写真としては、あまりにも不出来。
料理がおいしければおいしいほど、自分のへたくそさに凹む……

今回、この12日間を振り返ってみて、おいしい食べ物はいっぱいあったけれど。
そのおいしさが伝わる写真は、どれだけあっただろうか?


その辺について、お通しと刺身盛りで反省しつつ。
相変わらず、1つしかない胃袋をものすごく真剣に悩ませるメニューを吟味しつつ。

R0051290日記
by RICOH GXR A12 50mm
F2.5 1/125sec ISO1345

今回は、ホッキ(北寄貝)の炙り、というのを選んでみました。
これが、大正解でした。

R0051286日記-2
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/25sec ISO3200

産地ならではの鮮度を武器に、刺身で出すお店は多い。
あるいは、蒸して(湯がいて)出すお店も多い。
でも、炙りは初めてです。

ホッキを炙ってみようという発想は、どこから出たんですか?
……と、素直に聞いてみた。

「炙り亭ですから」

あ……
(ものすごくつまらないことを聞いてしまった)


それから、最後の締めは……
前回の「せんべい汁」が忘れられず、ものすごく迷ったけど、やめた。

焼立てネギどっさり玉子焼き。

R0051291日記
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/40sec ISO3200

カウンター席から、ネギを切ってるのを見てたんだけど。
けっこうビビった。

え?
そんなにたくさん?
確かに「ネギどっさり」だけど、そんなに?
……という、ものすごい量でした。

でも、この写真だと、それを感じないでしょ?

確かに「ネギどっさり」だけど、食べてみると、ちょうどいい感じ。
ネギが多すぎる!とは思わない。

なぜなら、ものすごく細く切ってあるから。

私たちシロウトみたいにスライサーなんか使わない。
でも、スライサーを使うよりも細く切ってある。

これを注文した直後の、ネギを切ってる姿が目に焼きついて離れません。


あと……

「すみません、料理の写真を撮っていいですか?」
……と聞かれた時とか。

「こんなに手間ヒマかけて丁寧な仕事をした料理に、出張族のサラリーマン達って、酔っぱらった状態でろくに味見もしないで、醤油をドバドバっとかけたりするじゃないですか」
……とか。

そんな私の質問に対する、答えの1つ1つにも頭が下がりました。

そうだよ。
どんな分野を究めていくにしても、こういう生き方をしなくちゃ。

(人生の師と呼ぶべきかも)

答えが気になったら、行ってみてね。
混雑してない時間帯に。




●八戸魚河岸食堂 炉端焼 炙亭
青森県八戸市一番町1-3-13
TEL 0178-27-8008


さて。
お気に入りの「炙り亭」で、満腹にしなかった理由。
それは、前回の反省から。

ネッ友、18歳になったラーメン女子オススメのお店に、また今回も。

R0051293日記
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/45sec ISO3200

前回はお腹いっぱいで食べられなかった、肉汁たっぷりの餃子。
これが、ものすごくおいしかった。

そして、また今回も「白」
白の、ごっつりラーメン。

R0051292日記
by RICOH GXR A12 50mm
F8 1/30sec ISO3200

(ネギって言うの忘れた)

山イモや炙りニシンや、刺身盛りから始まって、餃子とラーメンで締めくくる。
かなり変に思うかもだけど……

でも、これが私流の、八戸の味わい方。
これでいいのだ。



●ごっつりラーメン
青森県南部町苫米地白山堂1-23
TEL 0178-84-4510


この「ごっつりラーメン」では、作戦会議も。

牡鹿半島(宮城県石巻市)から青森県八戸市までの撮影を終えた今。
どうやって東京に帰るか?

それで、コロプラ(という位置ゲー)の塗りつぶしマップを確かめてみた。



あれま。
意外や意外。

コロプラを始める前も、コロプラをやめてる間も、普通に何回も行ってる2つのエリア。
十和田市と津軽半島が残ってた。

この2ヵ所に行かないと、青森県を「黄色」にできないわけですね。



青森県と簡単に言うけど、南部藩と津軽藩。
下北半島だけ見ても、かなり広い。

それぞれ、まったく異なる歴史と文化。
だから、食べ物もちがう。



最速レコード「12日間」で撮影を終えて、自由の身となった今。
東京の人たちには「3月いっぱいは撮影だから」と言ってある。

さて。
青森県をどう楽しもうか?
食べものでいく?
ハイドラ(ハイタッチ!Drive)のチェックポイント巡りでいく?

10型のタブレット(Xperia Z2)でGoogle Mapsをあちこちスクロールしながらの作戦会議。
いろいろな作戦パターンが浮かんでは消えていき、きりがない。

でも……
せんべい汁をあきらめて、餃子とラーメン「だけ」にしたとは言っても、お腹は限界。
ラーメン屋さんで、食べ終わってから延々と長居するのも申し訳ないし。

明日のことは、明日また考えることにします。

炙り亭と、ごっつりラーメン。
覚えた?

ロケタッチ Mar 22, 2015
http://blog.livedoor.jp/and_273/archives/2015-03-22.html

(&'s ロケタッチ記録)

13日目の夜は炙亭とごっつりラーメン
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1299.html

(2014年9月23日 火曜)
八戸では炙亭からスタバへ
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-763.html

(2013年9月25日 水曜)

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<ハイドラのチェックポイント巡り 下北半島 前編 | ホーム | 最速12日目で八戸に到着>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1507-13295122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。