安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2015年09月02日 水曜 23:59

Distagon 2.8/28 T* MM

さっきの「青春18きっぷでハイドラ 京都駅→久留米駅」の続き。

久留米駅を出発して、朝まで約12時間。
もちろん、久留米駅まで。

さて、どこに行こう?


by iPhone6+

その前に、お勉強。
1日でとても気に入ってしまったレンズ、Distagonについてググってみることにした。

この仔とは大切に付き合っていきたいと思ったのさ。



……というわけで。

久しぶりに、個別のレンズについての日記になります。

フォクトレンダー 25mm
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1137.html

(2014年2月22日 土曜)
ミノルタ M-ROKKOR 90mm CLE
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1087.html

(2014年2月2日 日曜)
CANON LENS 50mm F1.4 II
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1063.html

(2014年1月26日 日曜)
フォクトレンダーの 21mm
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1024.html

(2014年1月13日 月曜)
ズミクロンの35mmから始めよう
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-921.html

(2013年12月4日 水曜)
ライカ用 Mマウントを買ってみた
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-919.html

(2013年12月2日 月曜)

こうやって、あらためて並べてみると……
ライカ沼やツァイス沼ほど深くないにしても、片足の指先ぐらいはレンズ沼に入っちゃてるのかもしれない。


さて。

まずは、一昨日の「2本のレンズでZeissデビュー」の復習。
そして、ちょっぴり追加も。

カール・ツァイスのレンズには何種類かありました。

【1】Contax(オリジナルのドイツ時代)1971年に終了
【2】ヤシカ・コンタックス(ヤシカ・ツァイス)
【3】京セラ・コンタックス(京セラ・ツァイス)1983年〜2005年
【4】コシナ・ツァイス(2004年〜) ←New

※【2】以降は全部 Japanese ツァイス、全部大文字で「CONTAX」と書く


数あるツァイスのレンズの中で、ここからは Distagonの話。

Distagonと書いて、ディスタゴン。
これは、特定の構造をもつ広角レンズの総称。

Distagonと言っても色々な種類がある。
それらは「開放F値の数字/焦点距離」の数字と、マウント(カメラに装着する部分)の種類でも区別される。

開放F値、焦点距離、マウント。
この3つの組み合わせで、いろいろなDistagonがある。

例)Distagon 2.8/28 Y/C
(ヤシカコンタックスマウントで、開放F値 2.8で、焦点距離が28mm)


で……
今回、私が気に入ったDistagonは「2.8/28 T*」というモデル。
これにも、初代Contaxから現在に至るまで、実はさらに3種類というか、3世代あったのでした。

【初代】AEレンズ(1978年〜)

コンタックスというシステムが発売されたのが1975年。
初代の「2.8/28 AE」は1978年から登場。
製造番号は59番台(590万〜)から。

コンタックス(カメラ)はその後、1985年からMM化。
プログラムAE/シャッタースピード優先AEに対応したらしい。
(通称 MMモデル)

それで「Distagon 2.8/28」も、1985年からMM化。
それが2代目「2.8/28 MM」で、通称「MMレンズ」ともいうらしい。

MMモデルは、ひと目で見分けられる。
最小絞り値が緑色になってるそうです。

あらま、ビンゴ。
これだゎ。


by iPhone6+

【2代目】MMレンズ

・レンズ構成7群7枚
・絞り羽根6枚
・最小絞りF22
・最短撮影距離 25cm
・アタッチメントφ55mm
・重量280g


ここで、気になることが2つ。


ヤシカ・ツァイスが、京セラ・ツァイスに変わって。
その後、2005年に京セラがカメラ事業から撤退するまでの間、この「ディスタゴン 2.8/28」も製造されていたらしくて。
(京セラ/ヤシカ)

そうすると、考えちゃうわけです。

このシリアル番号から、西暦何年に製造されたか、わからないのかな?
……と。

しかし、ダメでした。
ライカと違って、カールツアイスは番号体系を公表していないのでした。

ライカのSummicronなら、こんな感じで一発で判明するのにね。↓

ズミクロンの製造年表
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-931.html

(2013年12月8日 日曜)


気になったことのもう1つは、名前です。

1985年以降の「ヤシカ・京セラ」モデルは、どう書けばいいんだろう?

「CONTAX Distagon MM」と書いてるサイトもある。
「Carl Zeiss Distagon MM」と書いてるサイトもある。
「2.8/28 MM T*」なのか?
それとも「2.8/28 T* MM」なのか?
マウントも「Y/C」と書いてあったり「C/Y」と書いてあったり。

どっちでもいいと思うかもしれないけど……
いろいろな呼び方があるなら、ひと通り全部を拾っておかないと、後からググった時に出てこない。

会社名だって、前株(株式会社 安藤二七三)と、後株(安藤二七三 株式会社)では、ちがうでしょ?
……と、そこが気になって、さらにググってみた。

【結論】
Kyocera CONTAX Y/C
Carl Zeiss Distagon 2.8/28 T* MM

この日記では今後、これで統一します。

全部大文字で「CONTAX」なら、その時点で「Japaneseツァイス」確定なんだけど。
なぜ、わざわざ「Kyocera CONTAX Y/C」と書こうと思ったのか?

さっきの話が、まだ途中だったでしょ?


【3代目】ZFレンズ、ZKレンズ

「Distagon 2.8/28」の初代は AEレンズ。
2代目は MMレンズ。

その後、3代目があったのを見つけてしまったからです。

「Distagon 2.8/28」の3代目(ZF ZK)は、2007年から登場。
既に生産終了してたけどね。

現在のカールツァイスは、コシナ製。
2004年から現在に至るまで、ツァイスのいろいろなレンズを製造しているそうです。

製品情報 カールツァイス
http://www.cosina.co.jp/z.html

(コシナ)

・ZF(ニコンAi-S用)
・ZE(キヤノンEF用)
・ZK(ペンタックスKA用)
・ZS(M42スクリュー用)

とりあえず、「AE」でも「MM」でもなく「Z*」と書いてあれば、それはコシナ・ツァイス。
2004年以降の、現代のツァイス。

そう思っていいみたいだよ。

私のは、2代目 MMだった。
その時点で、3代目への関心は薄れちゃったから、これでおしまい。笑


さて、最後に……

私の「Distagon 2.8/28 T*」は、2007年からの「ZF」や「ZK」(コシナ・ツァイス)ではない。
その前、京セラ/ヤシカ時代の通称「MM」(C/Yマウント)でした。

Kyocera CONTAX C/Y Carl Zeiss Distagon 2.8/28 MM T*
(Contax/Yashica mount)

・「Distagon 2/28」の廉価版だった
・「2/28」があまりにも有名すぎて、影に隠れてしまった
・しかし、この「2.8/28」があまりにも優秀すぎたため、製造中止になったのは「2/28」のほうだった

・とても扱いやすいコンパクトな広角レンズ
・ツァイスの中では比較的手軽に持ち歩ける

・絞り開放から、中心部のコントラストが高い
・周辺の光量落ちはそれなりにあるので、日の丸構図で撮ると、中心の被写体が浮かび上がる
・ただし、広角28mmなのに被写界深度が浅く、かなりボケる
・しかも、キレイにぼける

・絞り込むことによって万能に使える
・特に風景写真は絞り込んだほうがいい

・広角にありがちな画面の破綻も適度に抑えられている
・歪みが気になる直線主体の建物とかは、とても良い感じに写る
・階調の豊かさは流石のツァイス
・特に暗部の濁りが少なく自然な描写(アンダー気味に撮るのがコツ)

・逆光では、どうしてもゴーストが出てしまう
・レンズを保護しようと思えばフィルター装着だが、ゴースト対策ならフードが優先
・一般的に、ツァイスのレンズにPLフィルターを装着すると写りが悪くなる

ネットで見かけたのは、ざっとこんな感じ。
絞りを開いて撮れば、意外とキレイにボケる。
風景を撮る時は絞り込めばいい。
この辺は昨日、自分でも感じたとおり。

28mmだから、GXRに装着すれば約42mm。
しかも、25cmまで寄れる。
……となると、今まで使ってきた A12レンズ(50mm)とかぶるんだけど。

その辺の結論は、もっと慣れてからでいいやね。

↑の内容を頭に入れながら、少しずつ Distagonに慣れていくことにします。
o(^-^)o

製品情報 カールツァイス
http://www.cosina.co.jp/z.html

(コシナ)

Carl Zeiss Distagon T* 28mm f/2.8 (C/Y) Lens Review
http://slrlensreview.com/web/reviews/carl-zeiss-lenses-swhorizontalmenu-172/
zeiss-wide-angle/370-carl-zeiss-distagon-t-28mm-f28-cy-lens-review

(SLR Lens Review)

さて……
お勉強が終わったから、レンタカーで朝までハイドラのチェックポイント巡り。
今から出発です。

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<10万トラベラーになったから佐賀を探そう | ホーム | 青春18きっぷでハイドラ 京都駅→久留米駅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1611-13d29d18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。