安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2015年10月05日 月曜 23:59

弘前経由で日帰り函館

10月4日(日曜)は秋田県でした。
引き続きで、10月6日(火曜)も秋田県。

それで、またもやレンタカー。
日曜の夜、秋田駅を出発。
1日限定で、函館まで遊びに行くことにした。



秋田から函館まで行くのに、わざわざレンタカーを選んだ理由。
それはもちろん、ハイドラ(ハイタッチ!Drive)のチェックポイント巡り。

青森県弘前市、青森県黒石市、青森県五所川原市。
それぞれ1ヶ所ずつ、計3ヶ所、新しいチェックポイントが追加されていたからです。



そのうちの1つ、弘前での新登場は「弘前市立博物館」でした。



これが先月、2015年9月からの新設カテゴリー「公共建築100選」というやつ。
1998年10月14日に当時の建設省(現在の国土交通省)が選定した「優れた公共建築物」100件が、ハイドラの新規カテゴリーとして一気に追加されたらしい。

【ハイドラ!】 チェックポイント「公共建築100選」他 追加
http://minkara.carview.co.jp/userid/1612592/blog/36441602/

(みんカラスマートフォンアプリ開発ブログ)

渋谷あたりで増えていた新しいチェックポイントも、これかもしれない。

しっかし……
よくもまぁ、そんなカテゴリーを思いつくもんですな。

「クルマが好きな人のSNS」と言うなら、「サーキット」だけでなく、レーシングカートのコース(カート場)というカテゴリーを作ってもよさそうなもんだし。
「栃木」とか「SAKURA」とか「和光」とか「青山一丁目」とか「鈴鹿」とか、自動車メーカーの本社や工場巡りがあってもよさそうなもんだけど。

(クルマが好きな人のSNSであって、モータースポーツが好きな人のSNSではない)



さて。

黒石は「道」シリーズ、五所川原は「高速道路のインターチェンジ」でした。
それらをやっつけて、朝までに青森FT(青森フェリーターミナル)に到着。

ここで毎度恒例、ハイドラ専用タブレット(Lenovo YOGA Tablet 2 Pro)でのハイドラを終了。
フェリーの中では外付けGPSが必要なので、iPad Air2で起動しなおす。

この、クルマからフェリーに乗り換える時のガッカリ感。
ひと晩ずっとAndroid版のGoogle Mapsを見てきて、iOS版の「マップ」に変わった時の、この残念な感じ。

伝わる?





取りこぼしがないか、ハイドラのチェックポイントを確かめるだけなら、アップルの「マップ」のほうが見やすい。
それは確かなんですけどね。

でも、やっぱりこれは「地図」じゃなくて「地図風のイラスト」でしょ。

毎度のことだけど、切り替えた直後のこの落差には本当にガッカリさせられる。
それで、正方形の画像にして、Instagramにもアップしてみた。



それから、青森FTに着いた時間で、実は出航ギリギリ。
あんまり時間がなかったんですけどね。

それでも、ズミクロンで撮ってみた。


青森フェリーターミナル(青森県青森市)
by RICOH GXR + 35mm Summicron 1969

絞りやシャッター速度を少しずつ変えながら、何枚も撮ったりしない。
そんな時間はない。
このぐらいかな?という初見の感覚で、ぴたりと一発で決められた。

撮った時の手応え以上にキレイに撮れてて、ちょっと満足。
(^o^)v


ひと晩ずっと運転してきたから、フェリーの中では爆睡。
あっという間に函館でした。





本気で熟睡していて、着岸のアナウンスであわてて飛び起きて下船の準備。
ふと、窓枠のところ、カーテンの外側に置いた外付けGPSを忘れそうになる。

この窓枠のところに全部の荷物を置いたほうがいいのかもしれない。

函館FT(函館フェリーターミナル)では、また「さすが北海道!」と感心した。
公衆無線LAN(無料Wi-Fiスポット)のガイドマップまで用意されていたよ。


函館フェリーターミナル(北海道函館市)
by iPhone6+

あわてて出発したりせず、函館ターミナルで朝食を取ることにした。
寝起きの空きっ腹に、いくら丼♩


函館フェリーターミナル(北海道函館市)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

朝焼け前の青い空は、ズミクロンで撮る。
赤い食べ物はディスタゴンで撮る。

どのレンズで撮ろうか?と迷わない。
丼の中のどこにピントを合わせるかも、もう迷わない。

先月の東北の被災地と北海道で、ひと回り成長できた気がします。


食後のコーヒーで目を覚ましたら、ベイエリア(西波止場)に移動。

前回、半年前のリベンジ。
あの時の反省点を思い出して、同じポイントから撮り直す。


函館西波止場(北海道函館市)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

レンタカーでチェックポイント巡り:第2回(函館)
http://minkara.carview.co.jp/userid/1516299/album/6309/

(みんカラ 安藤二七三)

そして、また今回もスタバでコンセントをお借りしてPhotoshop。


by iPhone5S

背景のボカし具合をこのぐらいにしたいから、絞りはこのぐらいにしよう。
ディスタゴンに関しては、その辺で迷うこともなくなってきました。

迷うことが完全になくなった、とまでは言えないけど。
迷うことが少なくなってきた、とは感じてます。


by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

少しでも不安を感じたら、絞りを1段ずつ変えながら何枚も撮る。
その上で、あとからPhotoshopしながら選ぶ。

そっちのほうが確実なんだけどね。
でも、何枚も何枚も撮れない状況もあるじゃないですか。


1日限りの函館。
スタバだけで終えるわけにはいかない。

今回はもちろん、函館周辺で残っているチェックポイントの緑化。
適当なところで切り上げて、大沼公園に向かいました。



言わずと知れた、古くからの「日本三景」と言えば、宮城県の松島と、京都府の天橋立と、広島県の宮島。
江戸時代前期、1643年の書物に記されているらしい。

その後、大正4年(1915年)になって新しく、全国投票で選ばれたのが「新日本三景」というやつ。
そのうちの1つが、ここ大沼。
……だそうです。

ハイドラでは「日本三景」と「新日本三景」、それぞれカテゴリーが設定されています。



高校時代から何回も来ている北海道。
だけど、大沼公園には来たことがなかった。

こんなにいいところだったのか。
もっと早く来ればよかった。
……と、反省しました。


大沼から駒ヶ岳(北海道七飯町)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

何回も書いてるけど、GXRはAPS-C機だから、焦点距離が1.5倍になってしまう。
28mmのディスタゴンの場合、約42mmになってしまう。
(強制的にズームされてしまう)

もっと広角で撮りたかったけど、手持ちのレンズではこれが精一杯。
もっと広角で撮りたいことも多いんだよなぁ。
……と、近頃はそこがとても気になっています。

(iPhone5Sは約29mm)
(iPhone6+も約29mm)

もっと広角な(焦点距離の数字が小さい)レンズを買うか?
あるいは、カメラをAPS-C機からフルサイズ機にステップアップするか?

ここは悩ましいところ。


大沼周辺のチェックポイントは取り終わったけど、まだ時間に余裕がある。
それで、先々週のリベンジを試みた。



でも、やっぱりダメでした。
同じところで、また今日も通行止めでした。


2015年10月5日 月曜(石谷駅と本石倉駅の間のダム)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

ちなみに……
先々週の画像も並べておくね。↓


2015年9月24日 木曜(石谷駅と本石倉駅の間のダム)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

初Planarしながら積丹半島の神威岬まで
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1646.html

(2015年9月24日 木曜)

ここのダムに限らず、ハイドラのダム巡りではよくあることなんだけどさ。
不法侵入しないと取れない場所にチェックポイントが設定されている不思議。

また機会をあらためたら、ゲートが開いてたりするんでしょうか?



トボトボと引き返して、今度は半年前の取りこぼし。
積雪に埋もれて、入っていく林道を見つけられなかった場所に行ってみました。

しかし……


by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MMJ Y/C

「命にかかわる事故多発」

どんな事故だろう?
この先に何があるんだろう?

落とし穴でも掘ってあるの?
そんな危険な場所にチェックポイントを設定した意図は何?

どうする?
行っちゃう?
行ってみちゃう?

それとも……
次回、せめて明るい時間帯にする?
できれば、2~3日前から晴れ続きで、地面が固い時にする?

……と、しばらく迷った。
迷った結果、延期した。

ハイドラのダム巡りをしている人たちのブログをググって、人柱を探してみよう……



そんなわけで、取りこぼし2ヶ所。
残念ではあるけど、日が暮れたので函館に戻った。



日没後の函館。
……とくれば、もうおわかりですね?

ロープウェイで函館山に登ったのさ。


函館山からの夜景(北海道函館市)
by iPhone6+

偶然じゃないよ。
右下にロープウェイが写っているのは、狙ったんだよ。
この構図で、この位置にロープウェイを入れようと思って、じっと待ってたんだよ。

この日記に書いておくべきは、そこじゃなくて……

大好きな函館の夜景なのに、なぜ「by iPhone」なのか?
……さっきの話で、もうおわかりですね?

手持ちのレンズで一番の広角は、ディスタゴンの28mm。
だけど、GXRに装着すると約42mm。
35mmのズミクロンだと、約52mmになってしまう。
広角ではなく、標準になってしまって、函館の夜景が画面に収まりきらない。

げげげっ!
今の自分のカメラとレンズでは、函館の夜景を撮れないのかっ!
(>_<)
……と、かなりショックを受けて、仕方なくiPhoneで撮りました。

(iPhone6+は約29mm)

実はこれ、カメラを買い換えただけじゃダメらしい。
フルサイズ機に買い換えれば、ディスタゴンも28mmで撮れる。
このiPhoneぐらいの広い範囲を撮れる。

でも、左右にもっと広く撮りたいじゃないですか。

つまり……
函館の夜景は、もっと広角なレンズが必要らしい。

24mmとか21mmとか……
もしかしたら、18mmとか?

カメラを買い換えた上で、広角レンズも買い足す。
もう1段か2段ステップアップしてから、また来よう。
今日はムリだ。
……と、かなりテンションが下がった状態で下山。

そのまま津軽海峡フェリーで青森に戻りました。





おまけ。
青森FTに着いたら、iPad Air2のハイドラを終了。
ここでハイドラ専用タブレット(Lenovo YOGA Tablet 2 Pro)を起動して、秋田に戻ったんですけどね。

なんとなんと、Android版のアプリ「ハイドラ」で、こういうトラブルが起きたのでした。



最後に使った函館のまま、現在地を拾わない。
最新の現在地を拾うまでの走行距離はゼロ、チェックポイントも取れない。

Android端末の多くは節電のためにGPSを感度を落としているから、こういうことはよくある。

GPSの感度を上げる(節電のために感度を落とす機能をキャンセルする)アプリとかも併用しているけど……
そもそも、端末に内蔵されるGPSは、カーナビに比べたらオモチャみたいなもの。
とても限られたコストで、とても限られたスペースに収納しなくちゃいけなくて。
しかも、バッテリー駆動時間を優先して感度を落としている。

やっぱり、位置ゲーする上での根本的な解決方法は、外付けGPSだと思うんですよ。

ところが、Androidで外付けGPSを使うには、設定で「擬似ロケーション」をONにしないといけない。
ところがところが、これをONにするとハイドラは起動できない。

ハイドラに限らず、多くの位置ゲーが、この疑似ロケーションをONにすると起動できないらしい。

不正行為を防ぐため、らしい。
たぶん、ゲームの内容によっては、それって大事だろうし。

でも……
ハイドラって、他人と競い合うゲームじゃないよね?
仮に現在地の偽装ができたとして、何になるの?

……というわけで。

iOSは、OSレベルで外付けGPSに対応している。
だから「iPad Air2+外付けGPS」でのハイドラは、現在地を拾いにくいフェリーや電車では最強。
(ただし、地図ではなく地図風のイラスト)

Androidも、外付けGPSだけはそういう設定をしないで使えるようになってほしいなぁ。
あるいは、Android版のハイドラが、擬似ロケーションONでも使えるようになったら、とても嬉しいんだけどなぁ。


以上。

秋田からレンタカーで青森へ、そして函館へ。
1日だけ遊んだら青森へ、そして翌朝までに秋田へ。

3月、9月、そして10月。
今年3回目の函館は日帰りで、「フルサイズ機で広角レンズ」という宿題を抱え込んだのでした。

しっかし……
函館のチェックポイントを取り終わった今回で、函館の夜景も撮り終えたかったなぁ。


ラッキーピエロ(北海道函館市)
by RICOH GXR + CONTAX Distagon 2.8/28 T* MM Y/C

【2015年の函館】
弘前経由で日帰り函館
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1658.html

(2015年10月5日 月曜)←今回
函館~恵山~森
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1645.html

(2015年09月23日 水曜)
ハイドラのチェックポイント巡り 函館 後編
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1510.html

(2015年3月25日 水曜)
ハイドラのチェックポイント巡り 函館 前編
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-1509.html

(2015年3月24日 火曜)

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<キーを抜いても充電し続けるバッテリー直結USBポート | ホーム | 黒田日銀総裁が退任されたら新潟県三条市へ行こう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1658-88452516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。