安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2016年06月29日 水曜 23:59

STFを買ってみた

朝になったら眠って、夕方のロンドン時間から起きる。
この生活スタイルは相変わらずです。

んで、今日は夕方から新宿のヨドバシカメラへ。
SONYの、STFというレンズを買ってきました。

店員さんより先に見つけたよ。


by iPhone6s+

えすてぃえふ?
……と、初めて聞いた人のほうが多いかも。

その前に、まだGXRだと思ってる人のほうが多いかも。

えっとですね……
今年、2016年2月に、GXRからSONYのα7sにステップアップしました。
撮像素子(イメージセンサー)の大きさが、APS-Cからフルサイズに。

これで、格段に画質が良くなった。
そして、手ぶれがシビアになった。
そしてそして、手持ちのレンズが全部、本来の焦点距離で使えるようになった。

そもそも、フルサイズ機へのステップアップを考え始めたきっかけは、↑の3番目。

CONTAX Planarの1.4/85を、本来の85mmで使いたい。
同じく2/100も、本来の100mmで使いたい。

GXRはAPS-Cだから、焦点距離が1.5倍。
85mmのレンズが約127mmという望遠になってしまう。
100mmのレンズも150mmという、さらに望遠になってしまう。


でね。

まずは3月、不慣れなα7sと今までのGXRの両方で東北の被災地へ。
帰ってすぐ、2016年4月に、マクロプラナーというレンズを買いました。
(Zeiss Makro-Planar 2/50)

去年、2015年の秋に生産終了。
興味をもった時点で、どこも完売。
それをようやく見つけたその場で即決、現金で即買い。

これを大切に使っています。

カメラ:SONY α7s
レンズ:Zeiss Makro-Planar 2/50

でね。
でね。

みんながマクロプラナーのボケを「キレイだ」と絶賛しているんだけど、そこに疑問を感じた。
マクロプラナーのボケをうるさく感じることがある。

思い切り話を短くカットして説明してるんだけど。
そこでまた、ググってみたわけです。

ピントが合った部分の写りをとことん突き詰めた結果として、背景のボケもきれいなのがカールツァイス。
それとは逆の発想で、1998年に当時のミノルタが背景のボケ味にとことんこだわったのがこのSTF。
SONYに吸収合併された今でも、ボケ味では世界一というか現在でも孤高のオンリーワンらしい。

なぜオンリーワンかと言うと……
ピントが合ってないボケの部分を見てああだこうだ嬉しそうに語り合うのは、日本人ぐらいだとか。
そんな話も見かけました。

(写真用語で、ボケは Bokeh らしい)

さらに調べてみたら、このSTFレンズはかなり評価されてるみたい。

このSTFを使いたくて、そのためだけにわざわざSONYのカメラを買う人もいるとか。
このレンズで撮ってくださいと指定する女優さんもいるとか。
旧ミノルタのレンズを容赦なく次々と切り捨てたSONYが、このSTFだけは残したとか。
ミノルタの買収を決めた理由の1つがこのレンズだったとか。
あとは、特許がどうこう、そんな話も。

そんな小難しい話は、まぁいいや。

とにかく、そんなこんなでちょっと興味が出てきたレンズを買ってみたわけです。
Brexitで相場が荒れたおかげで買えたわけです。


by iPhone6s+

例によって、すぐ近くのスタバに移動。
そこで開封してみた。

ミノルタαの流れを組んだ、いわゆるAマウント。
だけど最新のα7系はEマウント。

どちらもSONYだから、ソニーの純正マウントアダプター。
LA-EA3を選びました。

・LA-EA3:手動フォーカスのみ、値段が安い
・LA-EA4:AF(オートフォーカス)対応、高い


by iPhone6s+

で。
テーブルに並べてみた。


by iPhone6s+

そして、組んでみた。


by iPhone6s+

そしてそして、α7sに取り付けてみた。


by iPhone6s+

でけーよ!
重いよ!
……というのが第一印象。

手ぶれ補正なんか、付いてない。
AF(オートフォーカス)さえ付いてない。
それなのに、この大きさで、この重さで、この値段。

いいねぇ♩

……と、この数ヶ月ですっかり病気が進行しています。


あ、あと……
本当に絞りが2つあります。

事前の下調べでわかっていたことだけど。


by iPhone6s+

ボケ味のための構造上の特性で、大きさと重さの割に、暗いらしい。
それでなのか、ネット上で見かける作例はいずれも、明るく晴れた野外の花が多い。

でも……
そこは、フルサイズなのに1200万画素しかない高感度番長、a7sの出番でしょ?

α7の無印と、Rと、S。
α7トリオの1つ、α7Rは3600万画素。
その2代目 Rii(Rツー)は4200万画素。

その一方で、Sはたったの1200万画素。
フルサイズなのに1200万画素しかないから、1つ1つの画素がとても大きくて、暗い場所で強い。
それから、いわゆるオールドレンズを楽しみたいなら、その特性からSになる。

それでα7Rやα7Riiじゃなくて、Sにしました。

何それ?
たったの1200万画素なの?笑
……とか何とか。

画素数が多いほど高画質だという宗教の信者たちに、1200万画素のα7sでひと泡吹かせてみたいんだけどね。
なかなか、腕がついてきません。


長くなったから、ここからは手短に。

食べ物は今まで通り、マクロプラナーで。
このSTFレンズは、花とか女性を撮るのにいいらしい。

黒目にどんぴしゃピントを合わせると、肌がいい感じで明るくボケて美しく撮れる。
だけど、ピントを合わせてからシャッターを切るまでの間に少しでもカメラが動くと、黒目がボケて肌の毛穴の1つ1つが写ってしまう。
……とか、そういう難しさはこのレンズも同じなのかも。

毛穴の1つ1つまでくっきりキレイに解像するレンズ。
バカ正直にそういうことを言うから、誰もモデルになってくれません。

(とりあえず連写しておけば、1枚ぐらいは黒目に合うでしょ)


by iPhone6s+

最短撮影距離は 87cm。

135mmの望遠レンズで87cmって、食べ物を撮るにはどうなんだろう?
そう思って、さっそく試してみました。


by SONY a7s + 135mm STF

レンズ的には大丈夫かもしれない。
でも、飲食店の店内でいちいち中腰になって、料理から87cmも離れてカメラを構えるというのは、社会的にどうなんでしょう?

一緒に食べてる人の料理も、まだ近そうだし。
隣のテーブルの、見ず知らずの人たちの料理を撮るにはいいかもしれない。

(やめなさい)


それにしても、大きい。

そして、かなり目立つらしい。
いろいろなところで視線を感じます。

マクロプラナーも、けっこうな大きさと重さなんだけどね。
それを上回る大きさです。


by iPhone6s+

左が、今日からのSTF。
右が、自分にとっての標準レンズ、マクロプラナー。

それで、ちょっと考えてみた。

iPhoneよりキレイに撮れるカメラとレンズが欲しいって、気軽に言う人が多いんだけどさ。
それって、今となってはかなり高レベルな要望になっているわけで。

画質を求めたら、やっぱりこのぐらいの大きさで重さで、こういう値段になるんじゃないの?
もしかしたら、これでも技術者は営業側からの意見を採り入れて妥協しているのかもしれないし。

どちらも、この大きさで重さでそれなりの値段するのに、手ぶれ補正どころかオートフォーカスもない。
……と、思ってしまいがちだけど。

そうじゃないのかもしれないよ?

そうじゃなくて、これにオートフォーカスやら手ブレ補正やらを付けたら、さらに大きく重たく高価になってしまう。
……と、考えるべきではないかと。

例えば……
このクラスの画質にこだわったまま、同時に小ささと軽さも求めると、ライカの値段になるわけでしょ?

(マクロプラナーもSTFも約12万円)
(ライカは40万円とか120万円とか)
(いずれもカメラは別、レンズ1本だけの値段で)


……とか何とか、いろいろと思うところはあるんだけど。

マクロプラナーに加えて、今日からはSTFも。
これでますます、機材のせいにできなくなりました。

練習あるのみ。
がんばります。


by SONY a7s + 135mm STF

あと……
撮ったあとの反省材料として、STFレンズ専用のサブアカウントも始めました。

Instagram@and273stf
https://www.instagram.com/and273stf/


練習あるのみ。
がんばります。

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<STFレンズの試し撮りで京都には来てみたけれど | ホーム | こっそり復活してみる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1689-ee4964cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。