安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2016年08月06日 土曜 23:59

雇用統計の翌日もポケモンGoと写真

雇用統計が終わって週末。
のんびりと過ごせるはずの週末。

もちろん、今日もポケモンGoです。


by iPhone6s+

大昔のゲーム機とちがって、今どきのスマホのゲームは無料。
本当に無料で遊べる。

だけど、お金を払うと有利になって、楽しみも増える。
課金すればするほど、楽しくなってくる。

ポケモンGoで言うと……

例えば、ポケモンを捕まえるためのボールを集めるための、ポケストップ巡り。
地方在住で、近所にポケストップがなければ、時間をかけて、ガソリン代をかけるよりも、課金しちゃったほうが安上がり。

東京では、赤いモンスターボールをどんどん捨てている人たちがいる。
所持できる上限350の範囲で、青いスーパーボールや、黒と黄色のハイパーボールを増やしていくために。
(赤いモンスターボールよりも強力)

ところが、地方在住の人たちは、お金を払って赤いモンスターボールを買っている。
ここに「地方格差」とか「不公平」とか、「居住地による差別だ」といった不満を感じている人たちも、いるらしいです。

たかだかゲームで。
いい年した大人が。
……とは思うけど、自分がそっち側の立場だったら、やっぱりこの日記で不満を書いてると思う。

課金で買えるのは、赤いモンスターボールだけ。
青いスーパーボールや、黒と黄色のハイパーボールは、ポケストップに行くしかない。
……というところも、賛否両論。


でもね。

ある調査によると、ポケモンGoで遊んでる人のうち92%は無課金、あるいは非課金派。
75%、4人に3人は「今後も課金するつもりはない」らしい。

そこに違和感というか、疑問を感じます。

無料で遊ぶことに価値があるというか……
お金を払ったら負けだ、という宗教があるみたい。
そこに疑問を感じます。

ゲーム会社だって、株式会社の1つなわけで。
評価は、数字なわけですよ。

いいゲームだと思ったら、お金を払わないと。
……と思うんだけど。

まぁ、宗教がちがうわけだから、話はここまで。
以下省略。


でね。

周りをみても、課金する気がない人のほうが多いんだけど。
卵を孵化させるための「ふかそうち」だけは、さっさと課金したほうが賢いと思いました。


ポケストップ巡りで拾う「卵」は、3種類。

・2km卵
・5km卵
・10km卵

いずれも、捨てることができない。
「ふかそうち」にセットして、ポケモンGoを起動したままの状態で歩いて歩いて歩いて、距離の累積で「孵化させる」しかない。

(GPSで移動距離を計測してるから、歩いてるフリをしてスマホを振っても意味ない)
(スピードが速すぎると歩いてないのがバレて距離にカウントされない)

で。

誰でも平等に何回でも限度なく使える「むげんふかそうち」は、1個だけ。

ところが、卵は最大9個までキープできるのです。
そして、課金すると、最大9個の卵を同時に孵化させられるのです。

2km卵1つを孵化させるために、2kmの移動。
5km卵1つのために5km。
10km卵1つのために10km。

卵1つずつ、延々と歩いてられないっしょ。
あなた、時給いくら?という話ですよ。

さっさと課金して、1回の移動で最大9個の卵を孵化させちゃったほうが賢いっしょ。

その辺を歩き回るだけで、未知の新しいポケモンが次々と出てくるうちは、卵の孵化には興味ないと思う。
だけど、レアなポケモンは、そんな簡単には出会えないからレアなわけで。
図鑑が埋まっていくにつれて、新しいポケモンはなかなか出なくなってくる。

そういう段階になると、「卵の孵化」がメインになっていくようです。


……といった話は、ちょっとググるといっぱい出てくるはず。
そんな説明を延々と書き残しても、たぶん意味がない。

ここで私が採った作戦は「10km卵の9つ同時孵化」です。

孵化させた時に獲得できるXP、10km卵なら1千XP。
しあわせタマゴの発動中に孵化させるなら、10km卵のほうがいい。

しかも、レアなポケモンが出やすいのは「10km卵」です。
まだ捕まえてない未知のポケモンが「しあわせタマゴ」の発動中に出てくれば、500XPの新種ボーナスも2倍もらえます。

それで、10km卵は残しておくことにした。
2km卵と5km卵は、どんどん孵化させていくことにした。

その作戦が行き着くところまで行き着いて、あと1個になりました。



10km卵が、やっと8個そろった。
あと1個です。

ここまでに孵化させた卵の数、なんと129個。



129個でようやく8個ということは……
最後の1個、次の10km卵が出てくるまで、あと15個ぐらいかも?

次こそは10km卵かも。
次こそは……
次こそは……

といった感じで、ここからは1個ずつ孵化させていくしかありません。


それから、進化させる話。

アメ玉12個トリオと正反対の、なかなか進化させられない系の筆頭。
「コイキング」のアメ玉が、ついに800個を超えちゃいました。
(図鑑129、レア度E)



レア度Eだから当然、ちっとも珍しくない。
私もこいつを狙ってるわけじゃない。

でも、出てきちゃうんです。
レア度Eだから。

図鑑147、レア度Cの「ミニリュウ」は1匹でも多く捕まえたい。
だけど、そう簡単に出てくるもんじゃない。

……というわけで。

ミニリュウが出てきそうな場所、川とか池といった水辺に行くと、コイキングばっかり出てきちゃうんです。

コイキングを捕まえると、アメ玉が3個。
捕まえたコイキングを「博士に送る」と、さらに1個。
つまり、コイキング1匹につきアメ玉4個もらえる。

そうやって貯めたアメ玉400個を使って、コイキングを進化させると「ギャラドス」になるそうで。
(図鑑130、レア度A)

ジムでの対戦バトルに興味がある人たちの間は、この「ギャラドス」もそれなりに需要があるみたい。
それなりに強いみたいです。

対戦バトルには興味ないから、詳しいことは知らない私。
だから、そっち系は余談として終了。


そんな感じで、あと1つ。
9個目の10km卵を心待ちにしつつ、次々と出てきてしまう2km卵と5km卵をどんどん孵化させていく1日。

いい加減、イヤになって、久しぶりに写真も撮ってみました。


by SONY a7s + CANON LENS 50mm F1.4 II
F1.4 ISO100

今までにこの日記にも何回も登場している、1959年のCANON。
一眼レフで世界を制する前の、まだ挑戦者だった頃のキャノンのレンズ。

絞り開放 F1.4で撮ったのが↑です。
周辺減光といって、四隅が暗くなっていたり。
周辺流れといって、同じ無限遠のはずなのに四隅はきちんと解像していなかったり。

そんなこと、この日記用の解像度じゃわからないか。

(1200万画素で撮った写真を約24万画素まで落としてアップロードしています)
(Instagramでは1080pといって、約78万画素でアップロードしています)

んで。
同じ場所で、同じカメラと同じレンズで、F8まで絞り込んで撮ってみたのが↓です。


by SONY a7s + CANON LENS 50mm F1.4 II
F8 ISO100
おぉ、すげぇ。
50年も前の、モノクロ時代のレンズなのに、ここまで写るのか。
……とか何とか。

この日記用の解像度じゃわからないか。

こういう古いレンズは特に、絞り(F値)を変えることによる描写の変化が大きい。

絞りを開くと光がいっぱい入るから、速いシャッター速度で撮れる。
手ぶれの心配がなくなる。
だけど、周辺減光とか周辺流れとか色かぶりとか、レンズの悪い部分も目立ってくる。

絞り込むと見違えてキレイに撮れる。
その代わり、入ってくる光が少なくなるから、シャッター速度が遅くなって、手ぶれしやすくなってしまう。

でも大丈夫。
α7sなら1200万画素しかないから、ISO感度を上げても大丈夫。

オールドレンズとα7sとの組み合わせ、すっかり気に入ってます。


で。
試しに、同じ場所から、同じカメラで、同じレンズで撮ってみたのが↓です。


by SONY a7s + Makro-Planar 2/50
F8 ISO100

1959年のキャノン7の50mmレンズと、コシナZeissのマクロプラナー50mmとの撮り比べ。
さすがに、この組み合わせはググっても出てこなかった。

風景写真を専門にしているプロから見れば、いろいろとアラがあるのかもしれないけど。
私のレベルで、この日記に載せる程度なら、風景もマクロプラナーで十分。

マクロ撮影(食べ物の接写)から風景写真まで、これ1本でこなせる。
本当にすごいレンズだなぁ、と。

Your first 10,000 photographs are your worst.

これは50mmレンズの巨匠、アンリ・カルティエ・ブレッソンの言葉。

ならば、写真に興味を持った初心者の1人として、まずは最初に1万枚(以上)撮りましょうよ。
これだと決めたお気に入りの50mmレンズで。

それが、私にとってはマクロプラナー。

マクロプラナーの2/50で、まずは1万枚。
Instagramに作った、そういう専用アカウント。

久しぶりに追加しました。

Instagram@and273mp50
https://www.instagram.com/and273mp50/

(マクロプラナーで撮った写真だけのサブアカウント)

ポケモンGoを始めて以来、写真を撮らなくなったなぁ。
……と、ちょっと反省した。


by SONY a7s + 35mm Summicron 1969

マクロプラナーだけじゃない。
お気に入りのズミクロンでも撮ってみました。

さっきのキャノンやマクロプラナーの50mmとちがって、これは35mm。
iPhone6やiPhone6sは29mmなので、これよりさらに広い範囲が写ります。

(焦点距離というこの何mmという数字が小さくなるほど広角レンズといって広い範囲が写る)


まぁ、そんな感じ。

雇用統計が終わって週末になっても、ポケモンGo。
そして、のんびりと、写真もちょっと。

だけど、明日は日曜。
911での某アイドルの送迎があるので、東京に帰ります。

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<和田倉噴水公園でのレンズ沼と最低賃金 | ホーム | 雇用統計の当日もポケモンGoと写真と>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/1721-6f68ccf4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。