安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2013年05月17日 金曜 16:22

日経新聞でもホンダF1復帰

昨日の「ホンダの緊急会見をUstreamで」の続き。

昨日の夜、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)でも、森本アナが伝えてたけど。
もちろん、今朝の日経新聞にも載ってました。



スポーツ面じゃないよ。
経済新聞の総合面だよ。

「残念なニュースが相次ぐモノづくり日本に、久しぶりの明るいニュースですね」というような、そんな捉え方でいいの?
……と思って、ご紹介。


ホンダは、世界販売を5割アップの年間600万台に伸ばす計画。
そのうちの半分が新興国。
具体的には、中国、インド、東南アジア諸国。

戦略小型車「フィット」、主力セダン「アコード」、高級ブランド「アキュラ」。
これらの新興国での拡販には、ホンダというブランドの認知度を高める必要がある。
……と、そこまでは、よく知られた話。

そこで、F1ですよ。

昔は年間16戦だったのに、今は年間20戦。
中国、韓国、マレーシア、シンガポール、バーレーン、アブダビ、インド。
アジアの新興国での開催が急速に増えている。

将来、「アジアでの開催が多すぎる!」となった時に、まっ先に落とされるのは日本かもしれない。
……と、個人的には予想してます。

そのぐらい、アジアの新興国は急速に成長している。
さらに、ロシアでも開催される、という話も聞こえてくる。

そこが最大の理由。
ただ単に「マクラーレン・ホンダ復活だぁ!」と喜んでいたのでは、ダメみたいだよ。


エンジンのルールが変わるから、市販車にフィードバックしやすくなる。
市販車の技術をF1に活かせるようになる。
若い技術者の育成にもなる。

トヨタのプリウスに対抗して、急速に性能を向上させてきた、ホンダのハイブリッド技術。
担当している技術者たちは、かつてF1に関わっていた人たち。
……とか何とか、そんな話は、他のいろいろなマスコミも伝えてると思います。

ただし……

単純に、F1の参戦費用は「年間100億円」だと思ってたけど。
今朝の日経新聞には「開発費は年間数百億円」と書いてあります。

ホンダの2013年3月期は、最終利益で5400億円の黒字。
2014年3月期も、5800億円を見込む。

そのうちの100億円ではなく、数百億円?

それでさっぱり勝てず、販売台数にも利益にもつながらなかったら……
反対派が勢いづいて、また撤退しちゃう?



フェラーリは、F1の参戦費用を稼ぐために作られたスポーツカー。

創設者が亡くなって、今はフィアット社の傘下にあるけど。
それでも、今でも「フェラーリを新車で1台買うと、そのうちいくらはアロンソ(というF1ドライバー)の年棒に」って言われるじゃないですか。

フェラーリを買う人たちは、そこに誇りを感じている。

その辺、ホンダはどうなんだろう?

ホンダが勝ちまくっていた20年前。
ホンダの新車を買うと、そのうちいくらはセナの年棒に。
いくらは中嶋悟さんの年棒に。
……なんて数字は、聞いた覚えがない。

だけど、世界には、シューマッハを応援したくてフェラーリを買った人がたくさんいる。

それと同じで、セナや中嶋悟さんを応援したくて、NSXやアコードやシビックを買った人は、たくさんいる。
そういう人たちは今でも「生涯ホンダ党」を宣言して、ホンダ車ばっかり乗り継いでいる。

当時、セナや中嶋悟さん応援したくても、お金がなくて新車を買えなかった世代。
私はどんぴしゃ、その世代なんだけど。

F1から撤退して20年経っても、ホンダに乗り続ける固定ファン。
あなたの身の回りにもいませんか?
クルマに興味ない人を相手に言葉には出さなくても、なぜかホンダばっかり乗り継いでる。
そんな人は、いるでしょ?

(お子さんの名前がセナとかスズカだったら確定)

……というわけで。

ホンダが、アジアの新興国をターゲットにF1に復帰するなら……
アジア出身の才能あふれる若者を起用したほうがいいのでは?

自動車は、あくまでも道具。
スポーツの主役は人間だよ?

……と。
今朝の日経新聞を読んで、そんなことも感じました。



余談。
自動車メーカーの(販売店の)営業マンのしつこいセールスにうんざりしていたら、こう言ってごらん。

「実は、セナの大ファンだったんです」
「旦那が中嶋悟さんの大ファンだったんです」
「だから、どんなに熱心に来られても、ホンダ以外には乗りません」

あんなにしつこかったのに、まったく来なくなった!
\(^o^)/
……という実例が、多数あります。

ホンダに乗っていれば、だけど。

F1参戦で獲得した固定ファンの難攻不落ぶりを誰よりもよくわかってるのは、他のメーカーのセールスマンかもしれない。

あ。
ホンダ」のHP、更新されてるよ。



最後に、何回も書いてる毎度のフレーズをもう一度。
ホンダのF1復帰を待ち望んでいたあなたの、愛車は何ですか?

ホンダ
http://www.honda.co.jp/


東証7267. ホンダ(Yahoo!ファイナンス)
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/profile/?code=7267.T

ホンダ車(ヤフオク 自動車車体)
http://list1.auctions.yahoo.co.jp/jp/ホンダ-自動車車体-自動車-オートバイ/2084007645-category.html

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<南三陸町志津川 モアイと歩む復興の道 | ホーム | 2013年5月10日のロケタッチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/263-ac6e077b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。