安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2013年06月30日 日曜 22:10

クルマの部品を海外オークションに?

今月いっぱいかけて、いろいろと調べながら実践してきた「海外口座でハイレバFX」シリーズ。
その副産物として始めてみた、海外オークション。

日本人が思っている、世界で売れるであろう日本製品と、実際に売れる日本製品とのギャップ。
そんな視点だったんですけどね。

この日記を読んでるだけの人は、おそらく知らないと思うけど……
実は、私、クルマも好きなんですよ。

でね。

年間400万台以上の新車と、100万台以上の中古車が輸出されている現在。
地球上のあらゆる場所で日本車が走り回っている現在。
補修用部品の需要は、いろいろな国にあるはずで。

さすがに、ドアとかボンネットは、個人が宅急便で送れる大きさじゃないけど。

ちょっとぶつけちゃって、プラスチック製のウィンカーレンズが割れちゃったとか。
走行距離が増えて、ファンベルトやタイミングベルトを交換しなくちゃ、とか。
ウォーターポンプやサーモスタット、オルタネーターも交換しておきたい、とか。
そのうち、スターター(セルモーター)も壊れるんだよね、ある日いきなり。
でも、古いクルマだから、なかなか部品が手に入らなくて、とか。

逆に言うと、そういう消耗品さえ定期的に交換していけば、今の日本車は数十万km、本当に平気で走れちゃうわけで。

どんな国にも、そういうニーズはあるはず。
現地の自動車メーカーや修理屋さんに頼まず、ネットオークションで探す人もいるはず。

そして……
いろいろな国のいろいろな企業が、補修用の交換パーツを作ってるんだろうけど。
そういう社外品が増えれば増えるほど、メーカー純正品への信頼性が高まる。
……のは、日本でも同じ。

メーカー純正品、Made in Japan への信頼。
テレビ東京(日経新聞)風に言えば、物づくりニッポンの底力。

製造が終わったぐらいの、そこそこに古い車種の純正品は、海外オークションで売れるんじゃないの?
……と、考えたのさ。

でも……
そういう、過走行車の必須アイテムが、実際には出品されてない。
まず見かけない。

なんでだろ?

クルマが好きな人が三日三晩ぐらい考えたら、誰だってそういう結論に至るよね?
何か、見落としてる?
……と思って、ちょっと検索してみたのさ。

はい。
見落としてました。


自動車の部品には、有害物質が含まれている物がある。
安易に海外に売ると、輸出先で深刻な環境汚染を引き起こすことがある。

具体的には、鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、など。

例えば、バッテリーは、鉛。
解体車の中古バッテリーの輸出は、現在では厳しく規制されている。

その他にも、オルタネーター、スターター、ワイヤーハーネス等々。

あらら……
オルタネーター(発電機)も、スターター(セルモーター)も、アウトですか……


有害廃棄物の国際的な取引や処分を規制した取り決めは、通称「バーゼル条約」。
日本も1993年に加入。
国内法として「特定有害廃棄物等の輸出入等の規制に関する法律」、通称「バーゼル法」が施行されている。

そういう中古部品を海外に売るためには、バーゼル法に基づいた正規の手続きが必要。
……だそうです。

許可を得るべき大臣は、経済産業省なのか、環境省なのか、を確かめるまでもない。
この部品には、どの有害物質が何mg含まれています、とか。
んなもん、無職の相場師が自分で測定して、めんどくさい書類の山を作ったり、英語のドキュメントにしたり、できると思う?

(そんな特殊能力があったら、無職の相場師なんかやってない)

個人がちょこっと海外オークションに出品してみるだけなのに……
わざわざ霞が関まで問い合わせに行くとか。
自動車メーカーとして有害物質に関するデータを持ってるかどうか、青山一丁目の本社に聞きに行くとか。
それって、ただの迷惑者だし。

……というわけで。
そういう補修用の交換パーツが出品されてない理由が、わかったのでした。

ちなみに……
導入時にあれだけ騒がれた、現在の自動車リサイクル法。
有害物質を含む個々の部品の輸出については、ハッキリしないなぁ……

有害物質を含んでるとは言っても……
廃棄物ではなく、まだまだこれから使える部品なんだけど。

テールライトとか、ウィンカーレンズとかのプラスチック製とか。
アルミ製の競技用パーツとか。
その辺なら大丈夫なのかな?

(それも、ほとんど見かけない)

自動車リサイクル法(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/automobile_recycle/index.html
バーゼル条約・バーゼル法(経済産業省)
http://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/10/
廃棄物・特定有害廃棄物等の輸出入(環境省)
http://www.env.go.jp/recycle/yugai/index.html

eBayに出品する前の基礎知識
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-396.html

eBayにもデビューしてみた
http://and273blog.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<英語力測定テスト2013 | ホーム | iPod touch 4の液晶をバラしたい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/441-00e50e1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。