安藤二七三のブログみたいな日記だよ

http://and273blog.blog.fc2.com/

いらっしゃいまし。

いただいたコメントは全部、きちんと読んでます
でも、すべて非公開
非インタラクティブではなく、半インタラクティブ
これがタイトルの由来です

めったに会えない友人に「今日もどこかで生きてるよ」と発信するだけの
半インタラクティブで閉鎖的な日記

アフェリエイト等の類は一切やってません
お金が目当てのサイトではないので、ご安心ください


--年--月--日 --曜 --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LINEで送る Comment bottun

2013年07月16日 火曜 05:38

アベノミクスはバブルなの?と20歳の若者に聞かれた

意図があって本質をぼかしてるのか?
あるいは本質が見えてないのか?
相変わらず、マスコミってのは本当のことを伝えないねぇ。

TPP(環太平洋経済連携協定)の第18回交渉会合が、昨日(7/15)からコタキナバル(マレーシア)で始まった。
日本は7月23日から参加する。
……と、伝えてます。

でも、違うでしょ。

聖域を勝ち取れるかどうかの大事な交渉に、日本は7月23日まで参加できない。
なぜなら、交渉参加の決断が遅れたから。
……でしょ?

あ。
ちなみに、コタキナバルの場所を調べてみたよ。

つい最近、ASEAN(東南アジア諸国連合)の会合が開かれたブルネイの、すぐ隣でした。





ん~
「すぐ隣」と言うほど近くは、ないか。

インドシナ半島は、東(日本に近い側)から順に、ベトナム、カンボジア、タイ、ミャンマー。
南に向かうと、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア。

学生時代は苦手だった東南アジア。
いい年したオッサンになって、ようやく頭に入ってきました。
行ってみたいとさえ思うようになってきました。

虫とか出されると、食べるの躊躇しちゃうけど。
でも、いくつかの国で銀行口座は持ちたいのさ。


で。
そんな話のついでに聞かれたのが、「アベノミクスってバブルなの?」です。

いい年こいた大人に聞かれたら、適当なことを答えて放置するんだけど。
20歳の若者に聞かれたら、マジメに答えないと。

若い人の投票率の低さが言われてるじゃないですか。

政治(政治家)に興味をもたなければ、向こうもあなたに興味をもたない。
そして、自由には責任が伴う。
20代とか30代のいい年こいた成人が、自分の意思で行かないと言うなら、それは自己責任。
放置プレイでいいでしょ?

で。
若い人の投票率の低さに問題意識を持つなら、やるべきことは、ただ1つ。
もっと若い人たちへの教育だと思います。

これから成人になる世代とか。
あるいは、成人になったばかりで、投票とか選挙というシステムに興味を持っている人たち。
いかにして、その世代に興味をもってもらうか?
いかにして、せっかく芽生えかけてる興味を、冷やさないか?

……というわけで。
ちょっとマジメに説明してみました。

(今の若い世代は、バブルそのものを知らないらしい)


街の人に、「景気はどうですか?」と聞くと、ほぼ例外なく、現在の景気について答える。
100万円を貯金するとしたら、銀行や通貨は、現在の金利で選ぶ。

100万円を年利1.0%で預けるか?
年利1.1%で預けるか?
……と考える。

でも、マーケット関係者は、将来の景気を考える。
100万円を貯金するとしたら、これから金利が上がる通貨を選ぶ。

なぜなら、金利が上がれば、その通貨の値段も上がるから。
金利が上がれば、その通貨は買われて値段が上がる。
100万円が101万円になる。
そして、1.0%だった年利も1.1%になる。

今のは例えだから、具体的な数字は忘れていいけど。

みんなが言う「景気の実感」は、現在の景気。
マーケット関係者は、将来を考えて買う。
ここがポイント。

そこさえわかれば、もう大丈夫。


つまり……
アベノミクスなら大丈夫そうだ。
これから先、日本はデフレから抜け出して、景気が良くなりそうだ。
経済成長を取り戻せそうだ。
……という、期待の段階で、株価が上がったのさ。

本当に景気が良くなって、株価が上がってから買うのは、素人さん。
安い時に買っておくのさ。

その時点では、まだ景気は良くなってない。
だから、街の人に聞いても、「景気が良くなったという実感は全然ない」と言う。

でも、期待で株価は上がるのさ。

で。
株価が上がると、株を持っている人たちの資産価値が増える。
富裕層と言われる人たちに余裕ができて、お金を使うようになる。
まず最初に富裕層や大企業の景気が良くなることで、経済が回り始めて、世の中の景気が良くなっていく。

まず先に、期待で株価が上がる。
それから遅れて、実際の景気(実体経済)が追いついてくる。
……ってことね。

実際の景気を置き去りにして、株価だけがどんどん高くなっていったら、それはバブルだけど。

実際の景気回復よりも株価が先行するのは、お約束。
それを否定したら、いつまで経っても景気は良くならない。

景気が回復していく途中では、みんなの給料が上がるよりも先に、物価が上がってしまうこともある。
物価が上がるよりも先に、金利が上がってしまうこともある。

でも、それは右足と左足のようなもの。
どちらか片方が先に前に出ることを否定したら、前には進めないわけです。


で。
アベノミクスは、バブルなのか?

株価が先に上がっただけ。
バブルじゃないと思うよ。

アベノミクスなら大丈夫そうだ、という期待で、先に株価が上がった。
それで富裕層に余裕が出てきて、高額消費などが増えてきた。
たったの6~7ヶ月でここまで来たのは、大成功だと思うよ。

さぁ、これから先、どうやって株価に実体経済を追いつかせるの?
……という、参議院選が終わってすぐに、そこが注目されるわけで。

そんなやり方じゃ手ぬるい!
もっと本気で異次元の規制緩和を進めろ!
本気で経済を回復させないと、消費増税できないぞ!
今の状態で強行したら、景気を冷やすぞ!
……という批判なら、正しいんだけど。

今の時点で、株価が先に上がったから「バブルだ」と批判する。
賃金や物価よりも先に金利だけ上がれば、また批判する。
そうやって景気回復を否定するから、消費増税にも反対するしかない。
景気回復を否定しておきながら、大企業に「安定した雇用」を求めるという矛盾。

毎年6月は、いろいろな企業の株主総会のシーズンなんだけど。
話題になってたのは、会社の利益を「設備投資に使うか、あるいは株主に還元するか」でしょ。
労働者の賃金を増やしたり、正社員を増やす話は出なかった。

まだまだ、本格的な景気回復には遠い。
そして、最大のコストは人件費。

まだ、そこまでの余裕はないし。
賃金は簡単に下げられないし、雇ってしまったら簡単には解雇できない。
だから、そこは最後になるわけです。

(もっと簡単に解雇できるようになれば、雇用も賃金も上がりやすくなる)

そもそも、企業の決算は1年単位。
上場してる大企業は、1年を4つに区切って、3ヶ月ずつ「四半期決算」というのを発表するけど。
しはんき

でも、アベノミクスが始まって、まだ 7ヶ月。
黒田日銀が異次元の金融緩和を打ち出して、まだ3ヶ月。
四半期決算も 2回しか出ていないわけで。

「アベノミクスで景気回復を実感できているのは富裕層だけ」とか。
「みんなが実感できるところまで来てない」とか。
そういう批判をしてる人たちには、「当たり前でしょ?」と言ってやればいいよ。


ちなみに……
いわゆる「バブル景気」というのは、1986年(昭和61年)から始まった、とされているんだけど。
でも、バブル世代の人たちに聞いてみると、ちがう答えが返ってきます。

「え?」
「バブルって、1989年とか1990年頃じゃないの?」

つまり……
本物のバブルの時でさえ、みんなが実感するまで、2~3年かかったということ。

バブルにならないように、株価や地価、金利だけが先行して上がり過ぎないように、慎重に舵取りをしているわけで。
そういう意味では、3ヶ月とか7ヶ月どころか、3年経っても実感できないかもしれない。

でも、ここで「実感」を優先してバラマキに戻ったら、失われた23年3ヶ月の失敗をくり返すことになる。
国の借金が増えるだけで、景気は回復しないし、税収も増えない。
みんなの生活もラクにならない。

(バラマキで景気を良くしようと思ったら、バラマキを永久に続けないと)
(バラマキで景気が良くなるなら、この23年3ヶ月は何だったのか?)


来週(今週末)の参議院選が終わったら、おそらく次の国政選挙は 3年後。

たった数ヶ月で、みんなが景気回復を実感できてない!と批判している候補や政党がある。
景気回復や経済成長(への長い道のり)を否定して、バラマキを求めてる候補や政党がある。
そういう人たちを支持しますか?

それとも、アベノミクスを信任しますか?
(もっといい選択肢があれば、そっちを選びたいんだけど)

……というのが、大きな1つ。
特定の政党、特定の候補者への投票を呼びかける日記じゃないから、好きなところに投票すればいいさ。

ちなみに、世界のマーケット予想は、自公(自民党と公明党)で過半数、と言われてます。
自民党が負ければサプライズ。
自民党単独過半数でもサプライズ。

ネットでは、自公で単独過半数、と書いてる人も見かけるけど。
自公といってる時点で、それ、単独じゃないから。

そういう大人にならないでね。


あと……
安倍さん特有の、憲法改正どうこうという話もあるけど。

TPP交渉で日本に有利な条件を勝ち取って、TPPに参加する。
規制緩和を進めて景気を回復させ、消費増税をやり遂げる。
財政を再建して、社会保障改革へのベースを作る。
原発を再稼動して電力各社の経営を安定させ、脱原発への道すじを作る。

おそらく、それだけで手一杯。
本当に景気が良くなるかも、疑問だし。
よっぽど景気が急回復しない限り、憲法改正までは手がまわらないと思うんですけどね。

(私自身は、憲法は改正するべきだと思ってるけど、3年後の争点だと思うから今回は省略)


……といった感じで。
無職の相場師の目線から、説明してみたけど。

アベノミクスには疑問を感じるけど、他に選択肢がない。
20歳そこそこの若い人に、こんな説明でいいのかなぁ?

そういえば……
4年ぐらい前の総選挙で民主党に投票した人は、アベノミクスについて、どう考えてるんだろう?

(聞いてみたいような、聞いてみたくないような)

7ヶ月で、みんなが景気回復を実感できなかったらダメ、とか。
3年3ヶ月かけても取り戻せなかった(もっとひどい状態にした)政党に投票しておいて、そんなことを言いますか?

関連記事
スポンサーサイト
LINEで送る Comment bottun
<<社説:公共事業で優先すべきは被災地復興だ | ホーム | クエスト祭 2日目は部長を30個>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://and273blog.blog.fc2.com/tb.php/479-c558245c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
日記TOP
&'s HP
&'s AR

プロフィール

安藤二七三

Author:安藤二七三
安藤は&、二七美は津波。
東北地方太平洋沖地震&津波
Since Apr. 2011

困ってる人への支援は、行政(から委託された被災者)の仕事。
必要なのは被災地の判断で自由に使える財源。
つまり、地域の経済を回して、被災した市町村の税収を増やすこと。

被災地に行ってお金を使おう!
o(^O^)o


そういう考えから、ボランティア等の無償奉仕には否定的。
ドルやユーロで稼いでは現地に行って何もせず、美味しいものをお腹いっぱい食べて太って帰ってくる日記です。

Contact

対不起、我不会説中文
저는 한국말 몰라요
English, Japanese, Italian OK
 

3KB
and_273


Instagram @and_273


Swarm and_273


みんカラ and_273

 

最新30

月別

日記内検索

更新通知

rss
最新記事の RSS


リンク



ハイドラ


1000回ドライブ
13 Nov, 2015


1000ハイタッチ達成
8 Oct, 2014


10万km達成
22 Apr, 2015

・SA/PA 68%
・インターチェンジ 64%
・ダム 32%
・駅 68%
・県庁所在地 72%
・空港 39%

コンプリートした
道の駅シリーズ 10

・青森県 27ヵ所
・岩手県 31ヵ所
・宮城県 12ヵ所
・秋田県 30ヵ所
・茨城県 11ヶ所
・埼玉県 19ヵ所
・東京都 1ヵ所
・神奈川県 2ヵ所
・山梨県 19ヶ所
・三重県 15ヶ所

コンプリートした
観光名所シリーズ 15

・青森県
・岩手県
・宮城県
・秋田県
・山形県
・茨城県
・栃木県
・埼玉県
・福井県
・山梨県
・岐阜県
・静岡県
・愛知県
・三重県
・京都府

通算
・3,767タッチ 580位↑
・16万0965km 191位↓

Since Sep 2013

ハイドラでの獲得バッジ一覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。